Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

軽さと高性能は必須!テレワーク向きな最新ノートPC 5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
&GP

はからずも多くの人が在宅勤務を経験したことで、注目を浴びたのがPCです。会社支給のPCを使っている人もいるかもしれませんが、自宅では自分のPCでという人も多かったようです。 2019年のWindows 7サポート終了により買い替え需要が発生したPC業界ですが、ここのところはにわかにテレワーク需要も起きている模様。またメーカーもそんな時勢に合わせて、テレワーク作業向きの機能を追加した新モデルを続々市場に投入しています。 そもそもテレワークとは、在宅勤務を指すのではなく「テレ(Tele)=遠く・遠隔の」という言葉から分かるように、オフィスではない場所で遠隔で仕事をするという意味。自宅はもちろん、出先のカフェやコワーキングスペース、出張先、はたまた移動中の新幹線など、離れた場所で行う仕事です。そんな場合に強い味方となるのが、軽くてスペックの良い、いわゆるモバイルノートPCです。 そこで、ここのところ発表が続いている新モデルPCの中から、重さ1kg前後で、画面サイズは14型前後、そしてスペックも申し分ないテレワーク向きの最新PCを5モデルご紹介します。 ※価格はすべて2020年6月19日編集部調べによるメーカー直販サイトのものになります

1. 質実剛健なスペックはまさに仕事向き

ASUS「ExpertBook B9」 12万7091円~19万9819円(税別) ASUSの最新軽量モバイルモデル。30時間超の駆動時間となる大容量バッテリーモデルでも1kgを切るなど軽さはピカイチ。タッチパッドをテンキーのように使える「NumberPad 2.0」はExcelを使う人にはうれしい機能です。 画面サイズ:14.0型 解像度:1920×1080ドット タッチパネル:× CPU:インテルCore i5-10210U ~ Core i7-10510U メモリ:8~16GB SSD:512GB~1TB 厚さ:14.9mm 重量:約870~995g 駆動時間:約16時間~約31.6時間

【関連記事】

最終更新:
&GP