Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉村氏 都知事選「小池さん圧勝」維新支援の小野氏「惨敗」擁立せずの自民チクリ

配信

デイリースポーツ

 大阪府の吉村洋文知事が7日、大阪府庁で会見。5日に投開票され、小池百合子氏が再選された東京都知事選についてコメントした。 【写真】眼光鋭くノーマスクで6日、記者会見に臨む小池知事  吉村氏は「小池さんの圧勝でしたから。東京都民が小池都政の継続を望んだ、支持したということだと思う。小池知事がされていること、これがさらに強化というか、あれだけ大きな支持を都民から得られましたんで、その対策が強化されていくんだろうなという風に思います」とコメント。  さらに、「率直に受け止めて圧勝だと思いますよ。得票率60パーでしょう。ほかの立憲・共産の支援した宇都宮(健児)さんも、維新が支援した小野(泰輔)さんも、れいわ(新選組)党首(山本太郎氏)も惨敗ですから。やっぱり東京都民は小池さんの都政の継続をされた。小野さんを応援した維新としても率直に受け止めるべき」とした。  「大阪に比べると数値基準もあいまいな手法というのも含め、新型コロナ対応を都民が支持したことになるのか」と聞かれ、「うん、まあそういうことになるんでしょうね」と返した。  「僕と松井(一郎)さんとの選挙と違うのが、与党である自民党が候補者を出さない状況の選挙だった」とした上で、「そういった意味では自民党も、今から言っても仕方ないが、僕らには積極的に急きょの選挙でもきちんと候補を立てて、他の政党と一緒になりながら『維新つぶせ!』って一生懸命やるのに。今回は首都・東京で自らの候補者を出さなかったというのもどうかなと思いますけどね」と自民党をチクリ。  「でも、そんな中でも小池さんがやられてきたことが圧倒的に支持されたということもあるから、自民も出せなかったというのもあるんじゃないですか」と付け足した。  そして、「そういった意味ではコロナ禍における大型選挙として、インターネットを使った新たな主張を訴える取り組みは一定程度できたんじゃないかなと思ってます。そのまま都構想の住民投票でやるかは別ですけど、ネットをフル活用するという選挙のやり方は参考にはしたい」とした。

【関連記事】