Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Jリーグ引退後、25歳で大学受験「新卒」の就活でいきた戦力外の経験 プレー分析、営業の武器に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

高校卒業後、J1清水エスパルスと契約をした谷川烈さん(40)。2回の戦力外通告を受けた後、25歳で大学進学を決意しました。「新卒」で大手企業に就職し、希望の海外営業として働く中、元々興味のあった「起業」という言葉が常に頭の中にあったといいます。35歳で異業界のベンチャー企業へ転職。人の上に立つ立場となった今、現役時代に出会った監督たちの「コミュニケーション力」を思い出すと言う谷川さんに、セカンドキャリアの築き方を聞きました。(ライター・小野ヒデコ) 【画像】ユース1期生の頃の谷川さん「サッカーエリート」としてプロに入るも…セカンドキャリアを築くまで

3カ月間集中して受験対策をした

<2回目の戦力外通告後、大学受験をすることに。父親に小論文の添削をお願いする> 18歳でJ1清水エスパルスに入団し、4年間プレーをしました。2回目の戦力外通告を受けたのは、J2水戸ホーリーホックに所属していた24歳の時です。毎日死ぬ気でトレーニングに打ち込みましたが、8試合出場、1得点のみと、十分な結果は残せませんでした。この時、「日本代表となってワールドカップに出場する」という長年の夢はかなわないことを悟り、引退を考えました。 ただ、「引退後なにをするか?」を考えたときに、自分は何がやりたいのかイメージが湧きませんでした。これまでサッカー中心の生活を送ってきたため、社会を知らなかったこともあり、色々学びながらどういう人生にしたいかを考えたいと思いました。そして、大学への進学を決意しました。 戦力通告を受けたのは12月だったため、直近の受験まであと数カ月しかありませんでした。1年見送って受験勉強に励むべきか悩んだのですが、25歳で1年間まるまる受験勉強に費やすのはもったいないと考え、そのタイミングから準備をして間に合う大学があるか探しました。 その中で見つけたのが、法政大学キャリアデザイン学部です。キャリアを考えることを目的としている学部で一般教養はもちろん、経営や社会について、さらに当時から興味のあったベンチャー企業をテーマにしたゼミもあるということだったので、自分にぴったりだと思い、受験をすることにしました。 受験科目は小論文と面接。父が新聞記者だったので、毎日2本小論文を書き、それを添削してもらうというトレーニングを徹底的にやりました。そのかいもあり、無事に合格し、25歳で大学1年生になりました。

【関連記事】