Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マンU移籍はお断り? 16歳の“有望株”がドルトムント行きを選択か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

 バーミンガム・シティに所属する16歳のU-17イングランド代表MFジュード・ベリンガムが、ドルトムントへ移籍する決断を下したようだ。11日に英メディア『トークスポーツ』が報じている。 【熱血サッカー動画】ブンデスリーガ日本人最多得点数に並んだ岡崎慎司の泥臭いゴール集  同メディアによると、ベリンガムがマンチェスター・ユナイテッド行きを断り、ドルトムントに加わる選択をしたという。まだバーミンガムとはクラブ間合意に至っていないが、契約期間が2021年6月までということを考えると、移籍金を確保するためにバーミンガムが売却に応じる可能性はありそうだ。  ベリンガムはバーミンガムの下部組織で育ち、2019年にトップチームへ昇格。16歳ながら主力に定着し、今季は公式戦35試合出場で4得点3アシストを記録している。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】