Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東日本太平洋側で大雨警戒 2日昼前にかけ竜巻や雷など注意 気象庁

配信

毎日新聞

 日本海西部にある低気圧が東北東へ進み、寒冷前線が西日本付近を東へ進んでいる。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、東日本太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となり、前線の活動が活発となると予想されている。気象庁では、東日本太平洋側を中心に2日昼前にかけて、雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所があることから、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうにも注意するよう呼びかけている。 【図解】大雨・洪水、避難ためらわずに  東日本太平洋側を中心に、2日昼前にかけて雷を伴った激しい雨が降るとみられ、1日昼前にかけて局地的に非常に激しい雨が降る所もあるという。2日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海200ミリ▽伊豆諸島150ミリ▽関東甲信120ミリ▽東北70ミリとなっている。

【関連記事】