Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソフトバンク8連勝、周東止まらん3盗塁だ 最短25日V!20日にもM「9」点灯

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ソフトバンク11-4楽天、24回戦、ソフトバンク15勝9敗、18日、ペイペイD)球界一のエンジンを乗せた鷹特急は、もう止まらない。スタートを切るだけで、スタンドがどよめいた。ソフトバンク・周東がプロ初の1試合3盗塁。今季2度目の8連勝&リーグ60勝一番乗りに貢献した。 【写真】五回、この試合2盗塁目の二盗を決める周東  「(3盗塁は)忘れているだけかもしれないですけど、記憶にないですね。疲れました」  2点を勝ち越された直後の五回先頭。三塁前へのセーフティーバントで出塁すると、次打者・中村晃の1球目に二盗に成功し、3球目に三盗。「思ったより足が進まなくて、ベースが遠かった」と笑ったが、雰囲気は一変。暴投でホームを踏み、反撃ムードを高めた。  今季2度目の4安打。三回にも先制の中前打のあと二盗を決めており、リーグトップの39盗塁。試合後に盗塁王を争う日本ハム・西川(34盗塁)について問われると、「(きょう)1盗塁ですよね。気にして見ていますよ」とにっこりだ。2011年の本多(内野守備走塁コーチ)以来の盗塁王へ、塁上で心掛けていることも明かした。  「『セーフにならないと』とか、余計なことを考えないことです。普通にいって、普通に走る。そういう感覚です」  チーム盗塁数も「82」となり、オリックスを抜いてリーグトップに立った。このままトップでシーズンを終えれば、144盗塁を記録した12年以来で工藤政権では初となる。30年以上プロの世界に身に置いてきた工藤監督も「足が速いっていいなと思いました」と目を丸くするしかなかった。日本ハムに敗れたロッテとは5・5ゲーム差。20日にも優勝マジック「9」が点灯する。最短Vは25日だ。  「45(盗塁)から50(盗塁)くらいまでいけたら。状況を見ながらやっていきたいです」  残り16試合。加速した終着点は、盗塁王とリーグVだ。(竹村岳)

【関連記事】