Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミランFWレビッチに左ヒジ脱臼の診断結果 10月代表ウィーク明けのミラノ・ダービーで復帰か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

ミランがクロアチア代表FWアンテ・レビッチの負傷を報告した。 レビッチは27日に敵地で行われたセリエA第2節のクロトーネ戦に先発出場。新型コロナウイルス感染の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが欠場するなかで開幕から2試合連続のスタメン入りだったが、試合中に左ヒジを痛め、58分にピッチを後にした。 【動画】今もすごいけど…8年前のイブラヒモビッチがミランで決めたFKが完璧【ビューティフル・フリーキック】 そうした状況を受けて、一部メディアで様々な見方が指摘されたが、ミランが公表した28日実施のCT検査結果によると、幸いにも左ヒジに骨折や神経へのダメージはなく、脱臼のみを確認。10日後に再検査を受ける予定だという。 現時点で全治などの詳細こそ不明だが、これを追って報じたイタリア『スカイ』によると、回復までそう時間を要さないとみられるが、復帰戦は代表ウィーク明けの10月17日に敵地で行われるセリエA第4節のインテルとのダービーマッチが予想される模様だ。 なお、ミランは今後、10月1日にリオ・アヴェとのヨーロッパリーグ(EL)プレーオフを戦い、続く4日に行われるセリエA第3節でスペツィアと対戦する。

超WORLDサッカー!

【関連記事】