Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ後を生き延びられるのか…アメリカの映画館事情

配信

シネマトゥデイ

 全米規模で映画館のドアが閉まって、ほぼ3か月。ようやく段階的なビジネス再開が始まる中、シネコンにもついに動きがあった。大手チェーンの一つであるシネマークが、来週19日にも、本拠を構えるテキサス州にある5軒を再オープンすると発表したのである。上映するのは過去作品で、入場者は定員の25%まで。また現地時間8日には、カリフォルニアでも12日から映画館をオープンして良いとの通達が出た。(Yuki Saruwatari/猿渡由紀) 【動画】映画館を救えるか?ノーラン監督作『TENET テネット』予告編  しかし、カリフォルニア州内でも飛び抜けて感染者数が多いロサンゼルスでは、おそらく今すぐ動きはないだろう。郊外でも、新作がないのにわざわざ開けるのかどうかは不明である。いずれにしても、今は助走期間。本番は、初めての新作、ラッセル・クロウ主演の『アンヒンジド(原題) / Unhinged』が出る7月1日からだ。珍しいことに今作は、コロナで公開を延期するのではなく、逆に早めている。製作スタジオのソルスティスは、通常なら超大作が押し並ぶ独立記念日の週末を独り占めできるチャンスと見たようだ。

 だが、真の意味で注目されているのは、7月17日公開の『TENET テネット』である。ほかの映画が動いても、クリストファー・ノーラン監督によるこの期待作だけは唯一、当初のままの公開日を死守し続けてきた。その間、業界の受け止め方は、数週間前の「それは無茶では」から、「たぶん大丈夫」というふうにシフトしてきている。

 それでも5週間先、状況がどうなっているかはわからない。最近はまた、連日の警察による人種差別への抗議デモで、新たな感染拡大が懸念されているところだ。そんなふうにはっきりしない状況では、マーケティングも難しい。今はコロナでスポーツがないため、男性の視聴者が多いそれらの中継番組にばんばんスポットを打つことはできないし、派手なプロモーションのイベントも行えない。とは言っても、大手スタジオの映画が4か月ぶりに公開になるというだけでも話題だし、ほかにライバルがいないのだから、たとえ50%の定員で開けたとしても、多数のスクリーンを占領することで補える可能性はある。問題は、この日までに、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴなど大都市で映画館がしっかりオープンしているかどうか。2億ドル(約220億円)以上の製作費をつぎ込んだ以上、それら主要都市を含めた世界規模での公開は、採算を取る上で絶対に妥協できないポイントである。

【関連記事】