Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オランダ代表「歴代ベスト11」を英メディア選出 クライフ、フリットらが並ぶ豪華布陣

配信

Football ZONE web

現指揮官のクーマンも選出、中盤には歴代最多出場のスナイデルの名前も…

 新型コロナウイルスの影響で欧州選手権(EURO)の開催延期が囁かれるなか、英サッカーメディア「90min」は1988年以来の大会制覇を狙うオランダ代表の「歴代ベスト11」を発表。伝説の英雄であるMFヨハン・クライフからMFウェスレイ・スナイデルまで、多彩な顔ぶれが揃った。  1970年代から80年台後半まで、長年にわたって世界のサッカーに多大な影響を与えた“オレンジ軍団”。彼らがこれまで主要な国際トーナメントでは88年のEUROしか制していないのは意外ではあるが、近年はロナルド・クーマン監督の下で強力なチームを作り上げており、今大会での躍進が期待されている。そうしたなか「90min」は、オランダ代表の「歴代ベスト11」を選出。錚々たるメンバーが揃った。  守護神には「完璧なGK」としてGKエドウィン・ファン・デル・サールを選出。元マンチェスター・ユナイテッドのGKは、13年間で130キャップを記録し、オランダ史上2番目に多い出場数を誇る。  最終ラインは、右サイドバック(SB)に「風変わりなウイングバック」と称されたDFヴィム・シュルビア、左SBには「70年代の革命的な攻撃的SB」と評価されたDFルート・クロルがメンバー入り。センターバックには、現在の代表監督で88年のEURO制覇にも貢献したクーマン、97年にオランダの年間最優秀選手に選ばれるなど「最も偉大なディフェンダーの1人」と称されたDFヤープ・スタムが選出されている。  中盤は豪華なメンバーが揃う。3人のセンターハーフには、87年のバロンドール受賞者で「オランダを代表する史上最高の選手の1人」と記されたMFルート・フリット、守備的なプレーを得意としながら「多彩な才能を披露した」MFフランク・ライカールト、オランダ代表史上最多出場記録を持つスナイデルが並んだ。そして3人の前に立つトップ下のポジションには、「オランダ史上最高の選手」で「トータルフットボールの心臓部」と称されたクライフが選ばれている。

【関連記事】