Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

文在寅が大統領である間、日韓関係は改善しないというこれだけの理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

無職だった文在寅氏には時間がたっぷりあった

 朴槿恵前政権が立ち往生してから韓国が普通の大統領を選ぶチャンスは2度あった。朴槿恵前大統領の退陣要求が拡大し、韓国国会が朴前大統領の弾劾を決めた2016年12月前後と年明けの17年1~2月頃である。このとき、朴前大統領が自ら辞任していれば、文在寅氏が大統領に選ばれることはなかった。その外交音痴に始まって、日韓関係を最悪レベルにした大統領の資質を問う。

 16年に次期大統領候補と目されたのは、同年12月に国連事務総長の任期を終えた潘基文氏だった。潘氏は反日寄りだが最低限の国際感覚はあるはずだ。  このとき、在韓米軍への終末高高度防衛ミサイルTHAAD配備はすでに決まっており、中国との関係悪化は時間の問題だった。中韓関係が悪化すれば、韓国は日米との関係を強化するしかない。潘基文氏は反日寄りといえども無難な関係を築くしかない。  年が開けると大統領代行を務めていた黄教安国務総理が候補として浮上した。機能不全に陥った国政を切り盛りした手腕への評価が高まった。黄教安氏の国務総理就任は15年6月で、日韓関係が改善に向かっていた時期と重なる。朴政権の方向性を踏襲しただろう。  一方、当時の野党は17年3月まで候補者を絞っていなかった。安哲秀国会議員と李在明京畿道城南市長(当時)がリードしていたが、決め手に欠けていた。そんな中、文在寅氏が朴前大統領の罷免を求めるろうそく集会で反朴運動を扇動し、候補に浮上した。  他の野党候補は公職があり集会に出られなかったが、無職だった文在寅氏には時間がたっぷりあったのだ。  文政権誕生から2018年10月まで日韓関係は可もなく不可もない状態で、18年の訪韓日本人と訪日韓国人を合わせた日韓往来は1000万人の大台に達した。  韓国では高級料理の第1次日本食ブーム、日本酒が牽引した第2次日本食ブームに続き、家庭料理やラーメン、丼など日常食を中心とした第3次日本食ブームが広がった。

【関連記事】