Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「牛乳パック」が収納箱や家具に変身!? すぐ真似したくなる牛乳パックの再利用アイディア

配信

kufura

以前kufuraで行った“冷蔵庫で切らせたくない食材アンケート”の第2位にランクインし、常備しているご家庭が多かった「牛乳」。飲み終わったあとの牛乳パック、みなさんはどうしていますか? 水に強くそこそこ強度もあるので、再利用するにはもってこい! そこでkufuraでは女性450人にアンケートを実施。「牛乳パックの再利用アイディア」をうかがいました。意外と使える牛乳パック、すぐ捨ててしまうのが勿体なくなるかも!?

活用その1:魚や肉を切る時の「まな板」

「開いて、魚を捌くときのまな板として使う。いつものまな板に直だと臭いがつくので、これがあると便利です」(37歳/主婦) 「洗って切り開いて まな板にして玉ねぎやニンニク、肉など匂いのきついものを切る」(45歳/公務員) 「魚、肉などの調理の時に使用後すぐ捨てられるのがいいです。野菜と生ものを同じまな板で切る抵抗感をなくしてくれます」(64歳/主婦) 「パックを開いて、まな板の変わりにしている。すぐに流してリサイクルにも出せる」(43歳/主婦) 「レジャーの時のまな板にする」(28歳/公務員) “定番”とも言えるのがまな板として使うこと。魚や肉用、野菜用といった具合に、まな板は使い分けることが推奨されますが、これならば2枚用意する必要なし! ニンニクなど香りが強いものを切った時の臭い移りも避けられますね。キャンプなど外で調理が必要な場面でも持ち運び&片付けがラクです。

活用その2:そのまま捨てられる「ゴミ箱」

「生ゴミを捨てる時に三角コーナーかわりにする」(44歳/総務・人事・事務) 「生ゴミをいれて上のほうを折ってフタをする」(48歳/デザイン関係) 「見られたくないゴミを入れる」(46歳/その他) 「牛乳パックに汚れたゴミを入れて、ゴミ箱代わりにしている」(53歳/主婦) 水分の多い生ゴミは、嫌な臭いが発生しがち。牛乳パックを三角コーナー代わりにすれば、口を折ることで閉めておけますし、いざ捨てるときには汁漏れを防いでくれます。生ゴミ処理にレジ袋を使っていたという方は、牛乳パックゴミ箱なんていかがでしょうか?

【関連記事】

最終更新:
kufura