Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マツダ MX-30はEV? マイルドハイブリッド?? そもそも共食いじゃないの!?【みんなの声を聞いてみた】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

東京モーターショー2019でピュアEVモデルがワールドプレミアされたマツダ MX-30。その後、オートモビル カウンシル2020の会場では一転、マイルドハイブリッドシステム M HYBRID(エム ハイブリッド) を組み合わせた“e-SKYACTIV G”(イー・スカイアクティブ・ジー)を搭載する市販モデルが発表されました。 ■今秋デビューのマツダ MX-30の内外装を写真でサクッとチェック(30枚) 今、大注目のMAZDAの新型モデルは果たして、実際に一般ユーザー、さらには購入検討者の方にはどう捉えられているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していきます!

▼前回のみんなの声「GLB編」は関連記事をチェック

2020年秋にデビュー予定のマツダの新型コンパクトSUV

マツダは2020年の7月末、新世代商品群の第3弾であるコンパクトSUV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」を、今秋から日本国内に導入すると発表しました。 当初、2019年秋の東京モーターショー会場で公開されたコンセプトモデルはピュアEV仕様でしたが、先立って導入されるのは2リッター直噴ガソリンエンジンのSKYACTIV-G 2.0に、マイルドハイブリッドシステム M HYBRID(エム ハイブリッド) を組み合わせた“e-SKYACTIV G”(イー・スカイアクティブ・ジー)モデルとのこと。 あれ、気になるEVモデルはどこにいったの? と疑問が生じるところですが、そちらはまず、2020年度中にリースのみの販売からスタート予定となっています。

ん、CX-30と被らない?

他にも皆さん気になるのは、すでにあるCX-30とのすみ分けではないでしょうか? MX-30のボディサイズは、全長4395mm×全幅1795mm×全高1555mm、ホイールベース2655mm(欧州モデル・BEV仕様)。ほぼCX-30と同等の大きさです。 CX-30との大きな違いはテールゲートが寝かされたクーペSUVスタイルと、左右観音開き式という特殊なドア形式。同じコンパクトSUVという成り立ちながら、ファミリーなど後席を多用するユーザーに向けた仕立てのCX-30に対し、MX-30は2+2のパーソナルモビリティという立ち位置で区別されています。

【関連記事】

最終更新:
MOTA