Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

楽しく学べて一石二鳥! エサ釣りのススメ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

<ルアーもエサの一種なのだ> ルアーフィッシングの魅力は本物のエサを使わずに魚を釣ること。あの手、この手でターゲットを誘い、食わせるのは楽しいものだ。しかし、あなたが一度もエサ釣りをやったことがないのなら、今年は是非一度エサを使った釣りにもトライしてほしい。そこにはきっと、ルアーフィッシングとはまた違った面白さや奥深さがあるだろう。そしてその体験は間違いなく、あなたのルアーフィッシングにも役立つはずだから。 そもそもルアーは「疑似餌」とも称されるように、広い意味でエサの一種と考えることもできる。疑似餌をより本物らしく見せるために、あるいはエサ、ルアーそれぞれの利点をより深く知るために、時にはエサ釣りから学んでみてはいかがだろうか。

エサ釣りのススメ1 なにより楽しい!

ではなぜエサ釣りを勧めるのか? 難しい理屈は抜きにして「何より楽しい」というのが第一。最近はルアーフィッシングの対象魚も幅広くなっているが、それでもエサ釣りの対象魚種には遠く及ばない。ルアーだけやっていたら出会えない、未知の魚に会えることも新鮮な喜びだ。また一般的にエサ釣りはルアーに比べてアタリの数が多く、釣りものによっては鈴なりの多点掛けを味わえる。そんな点もエサ釣りの楽しさと言える。

対象魚の種類も豊富でとにかく楽しい。ルアー釣りでは出会うことのない魚も釣れる。

ポイントや仕掛け、釣り方まで含めたシステムが、魚種ごとに確立されていることも特筆に値する。私たち日本人には当たり前に思えるが、「カワハギ船」に乗ればカワハギが釣れ、「シロギス船」に乗ればちゃんとシロギスが釣れるというのは、実はすごいことなのだ。

エサ釣りのススメ2 簡単に見えて実は難しい!

とはいえ、いつでもどこでも仕掛けを下ろしさえすれば釣れるというほど甘くはない。これも重要なポイントだ。ルアーアングラーのなかには「餌を付ければ釣れて当たり前」という人もいるが、エサ釣り未体験者であることが多い。 エサ釣りは仕掛けの選択やエサの刺し方ひとつで釣果が変わる。釣るためにはちゃんと勉強しなければならず、その理解度を釣果に直結する点はルアー釣りとなにも変わらない。もちろん適当に放り込んでおくだけで勝手に釣れることもあるが、やり込むほどに上達の喜びを得ることができる。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ