Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「虐待を防ぐために…」精神疾患や依存症を抱えた親の子育て。どうサポートする?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
婦人公論.jp

残念なことに、肉親による痛ましい虐待事件が後を絶たない。だが、親を責めるだけでいいのだろうか。なかには、親の精神疾患や生きづらさゆえ、子育てに困難が生じているケースもある。子どもの命を守るために何ができるのか。北海道に、そのヒントがあった(取材・文=玉居子泰子) * * * * * * * ◆子育て支援はまず親自身の困難に寄り添う 「今日はどんな調子ですか? 困りごとがある人はいますか?」 北海道札幌市にある精神科・心療内科「札幌なかまの杜クリニック」の一室に、ソーシャルワーカー内田梓さんの声が響く。なかまの杜では、診察とは別に、デイケア(再発防止や社会復帰のための、日帰りのリハビリのこと。文化活動や交流などを行う)として、利用者同士の話し合いやミーティングの場を多く設けている。 そのうちの一つが、子育て中の患者を対象にした「子育て当事者研究」だ。産後うつなどから受診した人や、保健師から紹介される人、もともとクリニックにかかっていて妊娠・出産を経験した人など状況はさまざまだが、子育て中の利用者同士で、苦労していることを語り合う。 「トイレトレーニングがうまくいかない」「動悸がひどく、子どもと遊べない」「体調が悪く寝不足。子どもに向き合う余裕がない」 この日も集まった親たちが次々と最近気になることを語り出した。内容は子育てに限らず、自身の病気に関する悩みでもいい。仲間と語り合い、つながりを持つことが目的だからだ。Aさんがこう言った。 「苦手な人に会うと萎縮して、食事ができなくなる。もうすぐ親戚の結婚式があるんですが、苦手な叔母が食事の様子をいつもじっと見てくるので、今から不安で……」 看護師の高村美香さんが、相槌を打ちつつ話の要点をボードに板書すると、内田さんが言った。 「じゃあ今日は、Aさんの結婚式の対処法から考えましょうか」 「苦手な人を前にオドオドしない方法は?」「目線の置き方と立ち位置に気をつけたら?」「周囲に気づかれずに食事を残す方法もあるよ」など、患者仲間からアドバイスが出てくる。 「では、叔母さん役とAさん役に分かれて、ちょっとやってみましょう」 内田さんが促すと、利用者たちが前に出て、結婚式での過ごし方をあれこれシミュレーションして演じる。 「目線を相手の鼻先に置くと怖く感じないね」「向かい合わず、斜め横に立てば威圧感がないかも」 みんなで笑いながら結婚式の即興劇をするうちに、相談者のAさんも緊張がほぐれてきた。これは、SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)といって、人とかかわる具体的な方法を学ぶ認知行動療法の一つだ。

【関連記事】