Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「無一文になった」サッカー界のスター12人 酒、ギャンブル、ドラッグで人生転落

配信

Football ZONE web

W杯で活躍した名アタッカーが銀行口座に約7万8000円、“世紀の選手”は破産申告

 サッカー界で活躍しながらも、その後の人生において困窮している選手は少なくない。英紙「ザ・サン」は「サッカー界での富を吹き飛ばし、無一文になったスターたち」を特集。元ブラジル代表や元イングランド代表の英雄など、かつてのスター12人の動向を負っている。 【動画】人生転落でも健在! 天才ロナウジーニョ、刑務所で「受刑者とフットバレー」――流出した“77秒プレー映像”  記事では、サッカーキャリアにおいて地位と名声を手にしながらも、転落の人生を送った選手に注目。お酒やギャンブル、ドラッグなどで「無一文になったスターたち」を取り上げている。  2010年南アフリカでガーナ代表のベスト8進出に貢献したFWアサモア・ギャン、先日偽パスポートで逮捕されて話題となった元ブラジル代表FWロナウジーニョ、元イングランド代表GKディビッド・ジェームス、元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナらが続々と登場。かつてのスター選手の現状について、以下のように触れられている。 元ガーナ代表FWアサモア・ギャン(無所属) 「元サンダーランドのストライカーは、ロールスロイスの車を乗り回していたが、最近は家族を養うことができず、銀行口座に600ポンド(約7万8000円)しかない」 ロナウジーニョ(元ブラジル代表FW) 「ブラジルの伝説的な技巧派スターは、銀行口座にわずか5ポンド(約650円)しか残っておらず、175万ポンド(約2億3000万円)の負債を抱えている」 ディビッド・ジェームス(元イングランド代表GK) 「キャリアで推定2000万ポンド(約26億2000万円)の収入を得ていたにもかかわらず、元イングランドのナンバーワンGKは、2014年に自己破産を宣言した」 ディエゴ・マラドーナ(元アルゼンチン代表MF) 「FIFA(国際サッカー連盟)の“世紀の選手”に選ばれた後、破産した。アルゼンチンの象徴であるマラドーナは、移籍の世界記録を2度更新したが、2009年に破産申請をしなければならなかった」

4億円の詐欺被害に遭ったDF、うつ病とギャンブル依存症の元イングランド代表MF

ポール・マーソン(元イングランド代表FW) 「ギャンブル、酒、ドラッグのせいで、アーセナルのレジェンドは700万ポンド(約9億2000万円)という莫大な財産を吹き飛ばした」 ヨン・アルネ・リーセ(元ノルウェー代表DF) 「リバプールでUEFAチャンピオンズリーグ勝利から2年後、破産者として登録された。ノルウェーで300万ポンド(約4億円)の詐欺被害に遭ったと報じられ、破産を申告した」 エリック・ジェンバ=ジェンバ(元カメルーン代表MF) 「ユナイテッドでクリスティアーノ・ロナウド、ライアン・ギグスと一緒にプレーしていたジェンバは、アストンビラに移って4年後に破産宣告を受けた」 ブラッド・フリーデル(元アメリカ代表GK) 「500万ポンド(約6億6000万円)の借金があり、26万ポンド(約3400万円)の家の差し押さえ手続きが始まったと伝えられている」 リー・ヘンドリー(元イングランド代表MF) 「うつ病とギャンブル依存症。アストンビラで週3万ポンド(390万円)を超える収入を得ていたにもかかわらず、2012年1月、巨額の負債と差し押さえに直面し、破産宣告を受けた」

【関連記事】