Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Apple Watch SEは、もはやアップル版「キッズケータイ」「らくらくフォン」だ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

我が家の息子はまもなく4歳になる。 ショッピングセンターや水族館など、人が多いところでは勝手に走り出し、常に目をかけておかなければいけない年頃だ。 【全画像をみる】Apple Watch SEは、もはやアップル版「キッズケータイ」「らくらくフォン」だ あと数年もすれば小学生になり、学校への登校などを考えると「キッズケータイ」を持たせることになるだろう。そして、スマホデビューも時間の問題。一体何歳になったらスマホを持たせていいものか。世間の親御さんたちも相当、お悩みなのではないか。

「ペアリングなし」で使えるApple Watchの登場

そんな中、9月15日(米国時間)に開催されたアップルの新製品発表会で、個人的に興味を惹かれるものが発表された。Apple Watchの廉価版「SE」だ。税抜きで2万9800円、セルラー版でも3万4800円となる。 アップルは、Apple Watch SEを紹介する前に「Apple Watch がiPhoneとペアリングしなくても使えるようになる」「Apple Watchは大切な人々のつながりに不可欠です」という説明を行った。 iPhoneを持っていなくてもApple Watchだけを使うべき人として、アップルがアピールしたのが「子ども」と「シニア」だ。 Apple Watch SEでは、「ファミリー共有設定」により、親のiPhoneに子どものApple Watchをペアリングできるようになる。このとき、子どものApple Watchには子ども専用の電話番号とアカウントを割り当てられる。 子どもにセルラー版のApple Watchを装着させていれば、どこに遊びに行っているのかを親のiPhoneで確認できる。親とは別の電話番号を持っているので、電話もできるし、当然、メッセージも送れるというわけだ。 まさに、Apple Watch SEはアップル版「キッズケータイ」ではないだろうか。 Apple Watchではヘルスケア系の機能にも注力しており、心拍数の測定や、緊急時にSOS発信できる機能、転倒を検出する機能を備えている。 これまた、離れて暮らす父親や母親に装着してもらえば、万が一、転倒してしまったときでも、すぐに気がついて対処することが可能になる。位置情報を捉えており、ちゃんと散歩しているかといったことも把握できるはずだ。もちろん、いざというときに、電話やメッセージを送ることもできる。 ひょっとして、Apple Watch SEはアップル版「らくらくホン」なのだろうか。

【関連記事】