Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ソルトワールド基礎講座】ルアーローテーションの基本

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

天候や時間帯、濁りなど刻一刻と変わるフィールドのなかで、ヒットパターンはどんどん変わっていくもの。そんな変化に対応し、その日、その時、その場所で最も効果的なルアーを選び出す作業、それがルアーローテーションです。今回はその試行錯誤について、いくつかの要素を取り上げてみます。

より釣れるパターンを探すための試行錯誤

天候や時間帯、濁りなど刻一刻と変わるフィールドのなかで、ヒットパターンはどんどん変わっていくもの。そんな変化に対応し、その日、その時、その場所で最も効果的なルアーを選び出す作業、それがルアーローテーションです。今回はその試行錯誤について、いくつかの要素を取り上げてみます。 皆さんは一日の釣りに、どのくらいのルアーを持参していますか? 1個という人はほとんどいないはず。最低でも10個から20個程度は持ち込んでいると思います。そしてその数は、ヒットパターンがある程度読めている場合と、初めて行く釣り場のように手探り状態の場合とでは当然異なります。簡単に言えば通い慣れている釣り場ほど、準備するルアーは少なくて済むということです。

ローテーション1 タイプは浅いほうから深いほうへ

ルアーローテーションはヒットパターンを絞り込むためのプロセスですから、あらかじめ正確な情報を持っている場合は不要とも言えます。しかしそうでない場合は、ある程度の状況に対応するだけのバリエーションが必須。仮に20個持ち込むなら、同じようなルアーばかり20個持っていくよりも、系統の異なるタイプを数個ずつで20個にするほうが効果的と言えます。 そのなかで最初に考えるべきはルアーのタイプ。具体的にはプラグなのかジグなのか? プラグならトップなのかミドルレンジなのか? ジグなら水深はどのくらいまで探るのか? といったことです。これが合っていないと釣り自体が成立しない恐れもあるので非常に重要。時期や魚種によっては「プラグもジグもあり得る」、「トップもボトムもあり」ということもあります。いずれにしても、事前に分かることは必ず確認しておきたいものです。 なおルアーのタイプを試す際は、可能性のあるレンジのなかで浅いものから深いものへチェンジしていくのが基本です。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ