Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

千葉市職員を逮捕 酒酔い運転容疑で 車2台にぶつかる事故起こし発覚

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 商業施設の駐車場で酒に酔った状態で乗用車を運転したとして、千葉中央署は21日までに、道交法違反(酒酔い運転)の疑いで千葉市中央区市民総合窓口課の主査、鈴木康昭容疑者(54)=同区矢作町=を現行犯逮捕した。  逮捕容疑は20日午後7時45分ごろ、自宅近くの商業施設の駐車場で、酒に酔った状態で乗用車を運転した疑い。  同署によると、車2台にぶつかる事故を起こし、110番通報で駆け付けた同署員が飲酒検知して発覚。当時、真っすぐ立つことができず、ろれつが回らない状態だった。「間違いない」と容疑を認めており、同署は飲酒の状況や運転の経緯を調べる。

【関連記事】