Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Cocomiフルートコンクールの審査員が告白 母・工藤静香「マジかよ! 信じられねえ!!」事件の背景

配信

文春オンライン

母・工藤静香は「1番を目指せ」スパルタ練習に挫折したCocomiがベテラン声優の"個人レッスン"に通っていた から続く 【画像】Cocomiの卒業アルバム画像  3月28日に発売された女性ファッション誌「VOGUE JAPAN」(2020年5月号)の表紙でデビューを飾った木村拓哉(47)と工藤静香(49)の長女・Cocomi(18)。“芸能界のサラブレッド”のデビューについては、メディア各社が3月19日午前4時に一斉に報じた。 「一部メディアは、Diorの関係者がCocomiのフルートの演奏を聴いて、デビューをオファーしたと報じていました。コンクールで最高位を獲得したことや、著名なフルート奏者のマスタークラスを修了したことなどがひときわ強調され、Cocomiがすでにフルート奏者としても有名であるかのような報道が多かった」(スポーツ紙記者)

コンクールで1位に選ばれなかったことに静香は「マジかよ!」

「VOGUE JAPAN」のプロフィールでもCocomiは「音楽家」だと紹介されている。 《ココミ/音楽家。芸術への愛を伝えるディオール ジャパン アンバサダーに就任。幼い頃から音楽に囲まれて育ち、3歳でヴァイオリンを、11歳でフルートを始める。N響・神田寛明氏に師事しており、ヴラディミール・アシュケナージ、エマニュエル・パユのマスタークラスを修了。2019年、日本奏楽コンクールで最高位受賞、管楽器部門1位、フランス近代音楽賞受賞などコンクール入賞歴多数。》  Cocomiは妹の Kōki, と共に、音楽の英才教育を受けて育った。彼女ら自身も、そして母親である静香も、音楽へは並々ならぬこだわりと熱意を持っている。2人が出場したフルートのコンクールでの一幕を、コンクール関係者が語る。 「コンクールだと1位の子の名前は最後に呼ばれるのですが、心美さんの名前がそれよりも前に呼ばれた時は、『 マジかよ! 信じられねえ!! 』と会場の後ろから静香さんの声が聞こえてきました。隣で妹さんも『何考えているんだよ、先生と審査員がみんな悪い!!』と同調していた」  取材班は、昨年「全日本学生音楽コンクール」で実際にCocomiを審査したクラシック音楽関係者2名に話を聞いた。Cocomiは同コンクールの東京本選に出場。しかし惜しくも全国大会への切符を逃している。参加者50~60人のうち、本選に進めるのは20人程度、そこから全国大会へ進めるのはほんの数人という狭き門なのだ。  審査員だったA氏が当時を振り返る。 「審査員の多くが、彼女が芸能人の娘さんだというのは知っていました。特に長い艶やかな黒髪が注目の的で『やっぱり髪の毛がちがうな』『キューティクルがピーンとしてる』『さらっさらの髪の毛だな』なんてみんな話していました。黒っぽいシックなドレスを着ていて、モデルさんのようにシュッとされていました。『ああ、芸能人の娘さんなんだな』というのは遠目で見ていてもわかりました」

【関連記事】