Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

お茶目でサービス精神旺盛でチャーミング。誰よりもフレンドリーだったクリス・ウェバー【大井成義コラム vol.2】

配信

NBA Rakuten

さほど時間を気にせず自由に撮れた大物アスリート

「撮影で実際会ってみて、イメージと違ってた有名人は?」といった質問を、酒席などでごくごくたまにされることがある。 まず頭に思い浮かぶのは、残念な方に違っていた人たちだ。テレビではいつも明るくにこやかなキャラで通っているのに、レンズが向いている時以外は別人のように無愛想で、お付きのスタッフたちが異常にピリついていたとか、撮影中にほんの些細なことで半ギレされたとか、そういった経験はなくもない。 だが、その日の体調や虫の居所によって不機嫌になったりもするだろうし、何か特別な事情があったのかもしれない。それゆえ、そういった質問をされた時は適当に話を濁して、できるだけ名前を出さないようにしている。 これが、逆のパターンなら話は別だ。予想に反して、むちゃくちゃ好感度が高かった著名人に関しては、名前を挙げたところで誰も損をしないだろう。今回は、とっつきにくそうなイメージを持っていたけど、会ってみたら超フレンドリーでびっくりしたNBA選手の話。 「今まで撮影した中で、一番フレンドリーだったNBA選手は?」と聞かれたら、僕は即答で「クリス・ウェバー!」と答える。もう完全に一択状態だ。

前回のコラムに書かせていただいたが、初めて撮ったNBA選手が19歳のコービー・ブライアントだった。レイカーズの広報から与えられた撮影時間はわずか数分と極端に短く、またコービーもティーンネイジャーにありがちなぶっきらぼうさで、さらには僕も焦りまくっていたこともあり、いろんな意味で非常に厳しいデビュー戦となった。 次に撮影したNBA選手がウェバーである。コービーの撮影で、NBA選手撮影時のタイトさを味わわされたこともあり、それなりの覚悟を持って撮影に臨んだが、これがなんと拍子抜けするほどのゆるさ。あれほどの大物アスリートを、さほど時間を気にせず自由に撮れたのは、後にも先にもこの時だけだ。

全米を熱狂させた“ファブ・ファイブ”のエース

ウェバーと言えば“ファブ・ファイブ”である。“Fabulous Five”の略で、訳すと“素晴らしい5人”、“驚異の5人”。1990年代はじめに全米で一大旋風を巻き起こしたミシガン大のファブ・ファイブは、30年近く経った今なお、アメリカのバスケ好きの間で語り草となっている。2011年に『ESPN』が放映した1時間半の番組『The Fab Five』は、同局のドキュメンタリー部門で当時過去最高の視聴率を記録したそうだ。 先発の5人全員が1年生。ダボダボのバギーショーツに黒のソックスとナイキ・エアフォースMAXを履き、アップテンポなストリートバスケのプレイスタイルやトラッシュトークまでをもコートに持ち込んだ。ヒップホップのノリを前面に打ち出した破天荒な5人組が、カレッジ・バスケットボールの世界を一変させ、全米に熱狂をもたらしたのである。NBA選手にすら真似する者が続出したという。そのチームでエースに君臨していたのがウェバーだった。 ファブ・ファイブは1年時のNCAAトーナメント決勝でデューク大に敗れるも、翌年再び決勝まで駒を進めてみせた。ノースカロライナ大との頂上決戦は接戦となり、最終局面でウェバーは世紀の大チョンボをやらかす。 2点ビハインドで残り試合時間11秒、ボールを手にしていたウェバーは相手選手2人から囲まれてしまい、パニクってすでに使い果たしていたタイムアウトを要求してしまう。その結果、テクニカルファウルを取られ、優勝を逃してしまったのである。 凄まじいまでの人気を誇っていたファブ・ファイブとウェバーだっただけに、この出来事に全米が騒然とした。数日後にウェバーの元へ届いたというビル・クリントン大統領からの励ましの手紙を、今でもネットで見ることができる。