Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サザン 届けた感謝の音色 無観客有料配信ライブ“観客数”は過去最多推定50万人

配信

デイリースポーツ

 人気バンド・サザンオールスターズが25日、無観客有料配信ライブ「サザンオールスターズ特別ライブ 2020『Keep Smilin’~皆さん、ありがとうございます!!~』」を開催した。会場は“聖地”である地元の神奈川・横浜アリーナで、この日はサザンの42回目のデビュー日。コロナ禍の中でも「音楽で何かできないか」と模索し続けた桑田佳祐(64)は、自身を支える全ての人に歌声を届けた。  未曾有の事態に日本を代表するビッグバンドが立ち上がった。日常が戻りつつある今だからこそ、医療従事者や音楽業界、サザンを支えるスタッフ、そしてファンへ向けて“感謝”を音楽で体現した。  人生初の配信ライブに桑田は「ノッてますか?大丈夫?映ってますか?」と心配しつつ「大丈夫みんながいるから」と笑顔でスタート。位置にこだわった40台のカメラでダイナミックな映像を届け、客席にライトを設置するなど無観客ならではの演出も行った。ダンサーはソーシャルディスタンスを保ち、接触は“お預け”。水着ダンサーはマスクをして感染予防をアピールした。  定番曲「希望の轍」では「大変な毎日をご苦労さま。今日は楽しく行きましょう」と歌詞を変更。2時間みっちり、アンコール含め全22曲を披露した。「ABEMA」など8つのメディアで配信され、約18万人がチケット購入。推定50万人が視聴した。これは1回のライブの“観客数”としては、42年の歴史で最大となった。  この日は約400人のスタッフが集結。桑田がライブを発案したのには、「身近なスタッフを助けたい」という強い思いも込められていた。アンコールでは、ステージのスクリーンに映されたスタッフの映像と共に、サザンからの“感謝の音色”が響いていた。

【関連記事】