Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドライマウスには「かみごたえ」と「酸味」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NHKテキストビュー

口やのどが乾燥し、せっかくの食事なのに食べにくくおいしさを感じない。口が乾いて話をするのもおっくう。そんな経験はありませんか。それは加齢などで唾液の分泌量が減少することで生じる症状で、口内炎を引き起こすことも。料理研究家、管理栄養士の藤井恵(ふじい・めぐみ)さんが、そんなつらい症状をやわらげる料理法を紹介します。 * * * ■「かみごたえ」のある食品をよくかんで唾液を出す ドライマウスの改善には、何回もよくかんで、唾液の分泌を促すことが大切です。だからといって、するめのような堅い食品を選ぶということではありません。適度に弾力がある「かみごたえ」のある食品を選びましょう。うまみ成分が豊富な肉類、海藻類、きのこ類などは唾液を出しやすくするのでおすすめです。   ■梅干しや酢などの酸味をドライマウス対策に 唾液を出すといえば、やはり酸味。梅干しやレモンは、想像しただけで唾液が出てきますね。もし梅干しがしみるというときは、煮物に使ったり、酸味を利用して酢の物やサラダなどに取り入れてみましょう。野菜中心のさっぱりとした料理はたんぱく質が不足しやすいので、納豆や油揚げ、豆腐などの大豆製品を組み合わせてみましょう。 ■『NHKきょうの料理』連載「シニアの元気はここから! からだ応援レシピ」2020年6月号より

NHK出版

【関連記事】