Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小嶋陽菜×ヒカキン、板野友美×エミリン……アイドルとYouTuberのコラボが急増中

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 アイドルと元アイドルのYouTubeチャンネルを定点観察する本企画。この1週間前後では、YouTuberとのコラボが目立った。 【写真】ヒカキンの愛猫たちと戯れる小嶋陽菜 ■元AKB48・小嶋陽菜×ヒカキン  元AKB48の小嶋陽菜は9月20日、ヒカキンとタッグを組んだ動画を公開した。2人のコラボは8月7日以来2回目。1か月あまりという異例のスピードで再共演を果たした。  YouTubeチャンネルを持っている者同士の通例として、それぞれのチャンネルで動画が投稿。小嶋のチャンネルにアップされたのは、「ヒカキンと家で目隠しUberEatsしたらまさかの結果に!!【グルメ】」と題した、アイマスクで目隠しをした状態でUberEatsを注文するという遊び心のある動画だった。  HikakinTVには、「【100の質問】ヒカキン×こじはるでお酒飲みながら100の質問答えたらベロベロwww」と題した動画が公開された。グラスに注いだワインで乾杯するとヒカキンは「こじはると乾杯……!」と感動。「10年前の自分に一言」と問われると、「20歳のヒカキンくん、観てるかい? 今僕はこじはるとワインを飲んで盛り上がっているよ!」と上機嫌にメッセージを送った。一方の小嶋は、ヒカキンの第一印象として「『やば、本物だ』と思いました。昔に(明石家)さんまさんとかタモリさんとか見た時に『本物だ』と思いましたけど、ここ数年なかったのが久しぶりに感じました」と最大級の賛辞。これにヒカキンは「自信がつきました」と大喜びしていた。  さらに、小嶋はヒカキンのゲーム専門サブチャンネル「HikakinGames」に投稿された動画「【フォートナイト】こじはるさんに応援してもらったらビクロイ余裕説【ヒカキンゲームズ】」にも登場。HikakinTV直後の収録のため、2人ともほろ酔い状態。ヒカキンが不甲斐ないプレイを続けたため、「もう眠くなってきた」「そろそろ帰ろうかな~(笑)」と漏らすなど、持ち前のマイペースっぷりで動画を盛り上げた。 ■元AKB48・板野友美×エミリン  同じく元AKBの板野友美は9月12日に、人気女性YouTuber・エミリンのチャンネルに出演した。自身のチャンネルは持っていないものの、板野はYouTube出演にかなり積極的。最近も、現役時代の元同僚・篠田麻里子、島崎遥香のチャンネルにゲストとして登場し、過去には3人組YouTuber・カリスマブラザーズ(※現在は解散)ともコラボしている。エミリンとは最近プライベートで親しくなり、今回の共演に至ったという。  「板野友美先生とタコパしたら恋愛トークが止まらなかった」と題して公開された動画で板野は、「エミリンチャンネルに出られてうれしい」と大喜び。エミリンが「私の中でありえないですもん。『出てほしい!』と思う側なのに、逆にそうやって言ってくれるのがすごい……」と恐縮すると、「タメ語でしゃべって」とグイグイ距離を詰めていった。  エミリンが「ともちゃん、YouTubeやらないの?」と尋ねると、板野は「やりたい」と即答。「モーニングルーティンだけでも5回は見る。ともちゃんみたいなアイドルさんが普通にすっぴんで歯を磨いてるってだけで私は見たい」と、チャンネル登録者数150万人(9月22日時点)を誇るエミリンから太鼓判を押されると、板野は「本当に? 私の『YouTube初めてほしい』ってコメントが多かったらやりたいな」とすっかり乗り気に。板野のYouTuberデビューの日もそう遠くないかもしれない。 ■NMB48・川上千尋×片岡篤史  NMB48の川上千尋は9月20日、元プロ野球選手で現在YouTuberとしての活躍が目覚ましい片岡篤史のチャンネルに登場。片岡は現役時代に在籍し、引退後も長くコーチを務めた関係から、阪神タイガース関連の話題を自身のチャンネルで取りあげることが多い。そのため、かつては阪神の情報番組『虎バン』(ABCテレビ)にレギュラー出演し、大の阪神ファンとして知られる川上にもお呼びがかかったというわけだ。  川上が出演したのは「「最強説」歴代の阪神でベストナインを作ってもらったよ~」と題した動画。これまで10年以上、阪神を見てきた中で、自分だけの歴代阪神ベストナインを選抜するというものだ。チョイスしたのは、投手・メッセンジャー、1塁種・ボーア、三塁手・大山悠輔など。比較的最近の選手でポジションを埋めていった。  遊撃手に糸原健斗を上げると、片岡から「鳥谷(敬)はええの?」というツッコミが。川上は「鳥谷選手は、阪神だとプレッシャーがかかるのかなと思ったので」と気遣い、「ロッテのニュースでホームへ走塁した時にめちゃめちゃ笑顔だったじゃないですか。(阪神)ファンとして阪神でもこの笑顔を見たかったなってぐらい嫉妬する笑顔でしたね」と虎党の気持ちを代弁した。  ある日突然、「この2人が!?」と驚くような夢の共演が実現するのがYouTubeの良いところ。今後も異色のコラボが量産されることを期待したい。

こじへい

【関連記事】