Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

納言・薄幸、街をDISるネタで赤羽から苦情「公衆便所ではない」

配信

SmartFLASH

 納言・薄幸が、6月22日放送の『しくじり先生』(テレビ朝日系)で「街をDISるネタ」の影響を語った。 「池袋は、胸糞悪い街だな」 「渋谷はもうバイオハザードみてえな街だな」 「新橋の女は宝くじしか買わねえな」 「新大久保の募金箱はこれもうゴミ箱だな」  …など街をイジるネタで知られる薄。  赤羽には「でっけぇ公衆便所みたいな街だな」とイジってきたが、「赤羽の住人からちゃんとクレームが来て、『赤羽は大きな公衆便所ではございません』って」苦情が届いたという。  さらに「すごい応援してくれていたおじさんファンから、DMで『血を吐いて死ね』って」辛辣な言葉を投げかけられた。  相方の安部紀克によると、このネタのせいで薄は街で若者に絡まれることがあり、クリスマスの渋谷でカップルから「渋谷ってどんな街か言ってみろ」と言われたという。  薄は「クリスマスに渋谷に来るカップルはすぐに別れる」と返答。すると、カップルの男が薄の肩を叩き始め、薄はあわてて逃げ出したこともある。  薄は安部と「位置情報のわかるアプリをお互いに登録」しており、近くにいる際は飲みに誘いあうという。  薄は安部について、1月31日のツイッターで「あべのTwitterは日記みたいだなあ」とイジっていた。また、2019年10月24日には「あべ。ネタ合わせだっつってんのに、間取り図書いて、どこにテレビ台置こうかなーじゃないんだよ。可愛いな」とつづっていた。  当初は2~3カ月のコンビの予定だった2人。仲はかなりよさそうだ。

【関連記事】