Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「成長できる作品にしか時間を使いたくない」──オーランド・ブルームの仕事論。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

表舞台に立つ人の発言の中には、心に響いたり救われたりする言葉が多くある。例えばオーランド・ブルームは43歳となり成熟した今、「成長できる作品にしか時間を使いたくない」と断言している。人生の限られた時間の中では、何を基準にどう働くかを考えるタイミングがいつか訪れるものだ。休業を経てカムバックを遂げた彼が、大切にしている信念とは? 「もうすぐ娘が生まれる今、時間はとても貴重なものになった。だから、チャレンジングで、成長できる機会を与えてくれる作品にしか時間を使いたくない。それが自分にとって大切なことで、俳優という仕事を愛している理由だから」 “Now that I'm almost about to have another baby, my time has become so precious that I only want to spend it on things that are going to challenge me and give me the opportunity to grow because that's really what it's about for me and that's why I love being an actor.” 婚約中のケイティ・ペリーとの間に、もうすぐ娘が誕生するオーランド・ブルーム。デビュー直後から立て続けに大作映画に出演し、ハリウッドスターとして輝かしいキャリアを築く一方、一時は燃え尽きる寸前になったこともあるという。父親となり、43歳を迎えた現在の、仕事との向き合い方について『ハリウッド・レポーター』に語った。 ロンドンの名門演劇学校を卒業後、すぐさま『ロード・オブ・ザ・リング』(01)に出演。続いて『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズと、デビューからの10年間は目まぐるしい日々の連続だった。世界中を飛び回るプロモーション活動に加え、絶えず人目にさらされていた当時は、あまりにも多忙で、異常な時期だったという。

【関連記事】