Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<24時間テレビ>メインパーソナリティーは各グループから5人が集結!総合プロデューサーが起用理由を明かす

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

8月22日(土)~23日(日)に放送される「24時間テレビ43 愛は地球を救う」(日本テレビ系)の制作発表会見が、7月6日に都内で開催。メインパーソナリティーの井ノ原快彦(V6)、増田貴久(NEWS)、北山宏光(Kis-My-Ft2)、重岡大毅(ジャニーズWEST)、岸優太(King & Prince)、24時間テレビサポーター・徳光和夫、総合司会の羽鳥慎一、水卜麻美アナウンサーが登壇し、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにリモートで行われた。 【写真を見る】加藤浩次MCの情報番組「スッキリ」でメインパーソナリティー就任が発表された 徳光は「24時間テレビ」の放送決定について、「今年は東京五輪も中止となり、不安もありました。日本テレビが(24時間テレビを行う)GOサインを出してくれてよかった」と感謝を述べた。また、総合司会の羽鳥は「こんなに人柄が良さそうなジャニーズのメンバーと参加できてうれしい」とコメント。 総合プロデューサー・吉無田剛氏は、メインパーソナリティーの起用理由について「2020年の8月というのは、東京五輪が終わった直後、日本中に活気があふれる中で『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを受けていただく予定でした。五輪で、世界中から日本が注目される中で、『24時間テレビ』をどのように伝えていくかも同時に考えていました」とコメント。 さらに、「等身大で、誠実に、リアルな言葉で伝えられる人がいい。日本中が盛り上がる中で、グループや、世代を超えて各グループのメンバーが集まるといいのではないか?とオファーさせていただきました」と言い、「笑顔がすてきで、グループの中でも愛されるキャラクターなのではと思っています。画面を見るだけで明るくなり、視聴者の方々からも愛される5人になる」と明かした。 東京五輪も延期となり、オファーを掛けた際とは状況も変わったのではないか?という質問に対しては「状況は変わりましたが、『この5人でよかった』という気持ちに変化はない」と語った。 ■ 「24時間テレビ43」は“新しい日常での1回目” 2020年の「24時間テレビ」は、東京・両国国技館から“無観客”で実施。 新型コロナウイルス感染の安全面に配慮し、“動く”をテーマに「新しい日常での1回目」という形で放送される。公道を使ってのチャリティーマラソンは行わない。 また、募金方法は対面募金を行わず、キャッシュレス募金を強化するという。(ザテレビジョン)

【関連記事】