Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【V8ツインターボ獲得】ポルシェ・カイエンGTSクーペに試乗 大型SUVのベスト

配信

AUTOCAR JAPAN

460psのV8ツインターボエンジンを獲得

text:Matt Prior(マット・プライヤー) translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)   最新のポルシェ・カイエンGTSクーペ。4シーターか5シーターが選べる、車重が2145kgもあるSUVクーペだ。欲しいと思うかどうかは、人それぞれ。わたしが判断することではない。 【写真】カイエンGTSクーペとライバル (105枚) 驚く性能を備えている。しかし、燃費は8.8km/Lに留まる。ボディは5ドアのクーペに拘る必要はない。通常のSUVらしい、四角いボディスタイルも選べる。 ポルシェの流儀に従って、GTSは通常のカイエンとカイエン・ターボの間に位置するモデルグレード。通常のカイエンより、スポーティであることを示している。 位置の高いボンネットに収まるのは、4.0LのV8ツインターボ・ガソリンエンジン。従来までGTSに搭載されていたのはV6エンジンだったから、サウンド面でも楽しみたいドライバーには朗報だろう。 最高出力は460ps/6000-6500rpmで、最大トルクは63.0kg-m/1800rpm-4500rpm。とてもパワーバンドが広い。 トランスミッションは8速ATで、四輪駆動。トルクベクタリング機能と、電子制御のアクティブ・リアデファレンシャルも備わる。大きなSUVだからこそ、走りには有効だ。 多くの場合、GTSというグレードは英国編集部から高い支持を集めることが多い。運動性能が程よく高められている、という理由で。カイエンの場合はどうだろう。 英国でのカイエンGTSクーペの価格は、8万8750ポンド(1171万円)から。ポルシェらしくオプションもふんだん。実際には、簡単に10万ポンド(1320万円)は越えてしまうだろう。

広々とした前席に、上質なインテリア

カイエンGTSクーペのサスペンションは、通常のコイルスプリングが標準装備。テスト車両はオプションの、車高調整可能なエアサスが組まれていた。ホイールは標準の21インチではなく、22インチだった。 いずれも、ライトウエイト・スポーツ・パッケージの一部。もしお好みなら、英国では5909ポンド(78万円)で指定できる。 このパッケージには、軽量化の効果は不明ながら、カーボンファイバー製ルーフも付く。筆者が気に入ったのは、チェック柄のファブリックシート。 大型のクロスオーバーだから、走行性能に関してはコンパクトモデルよりいい訳はつく。しかし、実際のカイエンGTSクーペは相当なものだ。0-100km/h加速は4.2秒。最高速度は270km/hに達する。 インテリアの仕立ては、素材もデザインも素晴らしい。アルカンターラが一部に用いられ、筆者の気持ちをしっかり掴む。組み立て水準も、上質感に溢れる。雰囲気は少し禁欲的でもある。 メタル風に加工されたトリムパーツがハイライトとなり、ダークグレーの車内を引き立てている。一方で、あちこちに指紋が残りやすい。 フロントシートは広々。リアシートも、大人2人で過ごすには不満ない。ルーフラインの影響で、頭上よりも足元空間に余裕がある。荷室空間は772Lあり、ライバルと比べても広い方。最大3500kgまでなら、トレーラーの牽引もできる。 タイヤサイズはフロントが285/35で、リアが315/30。銘柄はヨコハマ・アドバン・スポーツ。なかなか挑戦的なサイズとトレッドパターンだ。暖かく乾燥した路面なら、特に問題はないはずだが。

【関連記事】