Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マスク空売り、ニセ教師…Withコロナ、Afterコロナの「中国犯罪実録」

配信

デイリー新潮

 コロナ対策の10万円給付について、警視庁や総務省では「詐欺に気をつけて」と呼びかけている。申請手続きを代行するなどとうたって、費用を要求する悪徳業者がいるのだ。社会が不安定になったときというのは、人々の不安にツケこんだ詐欺や悪質商法が生まれやすい。ウイルスの発生源となった中国では、すでにさまざまな犯罪行為が報道されており、先行事例として紹介したい。

防護服で現れて

 武漢市内の住宅地でその日朝、地元警察に通報があり「同じ団地に住む女性(52歳)と連絡が取れない。ドアをノックしても反応がない。電話をかけても出ず、室内から着信音が聞こえるだけ」と連絡があった。警察官が女性宅のドアを開けたところ、女性はすでに死亡しており、室内にあった財産の一部も奪われていた。  警察は同日午後、33歳の男を強盗殺人の容疑で逮捕した。防犯カメラに残った映像を調べると、男は団地内のボランティア・スタッフになりすまし、防護服を着用して敷地内に侵入。体温計測のためと偽って室内に入り、女性を殺害した。  また、中国東北部・黒竜江省にある幼稚園では、先生と保護者たちのグループチャット内に、“ニセ教師”が出現。その人物は、 「コロナウイルス対策のため、政府の教育局から通達がありました。幼稚園の学費は、このQRコードを通じて支払いをお願いします」 「学費を払っていない人は、早く払ってください」 「すでに支払った方も、QRコードから再度お支払いをお願いします。新学期にまとめて返金します」 「支払い画面のスクリーンショットを送って頂ければ、記録に残します」  などとメッセージを連投し、保護者の一人から2200元(約3万3000円)を騙し取った。送金を終えると”ニセ教師”はグループチャットから退出。他のホンモノの教師からの指摘で、詐欺行為が判明した。

コロナ犯罪はSARS犯罪の10倍規模

 中国でもコロナによる経済的ダメージは甚大で、収入減に苦しむ人も多い。やむを得ず貸金業者に融資を依頼するケースもあるが、そこにも落とし穴がある。黒竜江省に住む男性は貸金業者のアプリをダウンロードし、融資を申し込んだところ、保証金の一種として2000元(約3万円)のデポジットが必要だと説明された。指示通りに2000元を預けたが、その後デポジットは記録から消失。男性は業者に対し、チャットで以下のようなやり取りをした。 「オレの金がなくなったぞ」 《お客様からお預かりした2000元はセンターで処理しておりますが、保証金不足のため、現在出金できません。3000元の保証金をお預け頂く必要があります。保証金が確認できれば、100%確実にお支払い致します》  預けたはずの保証金が不足とは、意味がわからない。 「最後のなけなしの金だったんだぞ。詐欺じゃないのか?」 《いいえ。私たちはきちんとした正規の会社です》 「いいから金を返してくれ。もう信用できない」  "貧すれば鈍す"とはまさにこのこと。3000元を要求された時点で男性は詐欺に気づき、業者の指示を無視したという。  マスク不足に乗じた知能犯もいた。広東省に住む人物は、SNS上でマスクを1枚1.8元(約27円)で販売するとうたい、被害者からマスク5000枚分の代金9000元(約13万5000円)を騙し取った。代金を支払うと連絡が取れなくなったが、地元警察がその後に逮捕。裁判で懲役10カ月、罰金1万元の判決が下されている。  他人の善意につけ込んだ募金詐欺も発生。詐欺被害者は、オンラインゲームで知り合った相手からこんなメッセージを受け取った。 「武漢に住んでいるんですが、咳ひどくて吐血し、隔離されています。緊急手術が必要なんです」  詐欺師は1万4488元(約21万8500円)を騙し取ったが、ギャンブルや旅行などに使ってしまったという。かなりの大金だが、ゲームで意気投合してうまいこと信頼関係を築いたのだろう。裁判では懲役1年2カ月、罰金8000元(約12万円)が課せられ、騙し取った金は被害者に返すよう命じられた。  中国最高人民検察院(検察庁に相当)の発表によると、2003年のSARS流行期に発生した犯罪は268件、逮捕者567人だったのに対し、今年のコロナ流行期はすでに3324件、同4120人にものぼる。罪名は詐欺、公務執行妨害、暴行や傷害、偽造品の製造や販売などが多い。Withコロナ、Afterコロナのフェーズに差し掛かった中国は、差し詰め犯罪天国の様相を呈しているようだ。 西谷格 1981年、神奈川県生まれ。早稲田大学社会科学部卒。地方新聞「新潟日報」の記者を経て、フリーランスとして活動。2009~15年まで上海に滞在。著書に『ルポ デジタルチャイナ体験記』(PHPビジネス新書)など。 週刊新潮WEB取材班編集 2020年5月11日 掲載

新潮社

【関連記事】