Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

柴咲コウ“望美”、不慮の事故から25年後に目を覚ました世界に困惑…!!<35歳の少女>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

柴咲コウが主演を務める「35歳の少女」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)の第1話が、10月10日(土)に放送となる。 【写真を見る】柴咲コウ“望美”、初恋の相手・坂口健太郎“結人”と見つめ合う… 同作は、「家政婦のミタ」(2011年、日本テレビ系)、「同期のサクラ」(2019年、日本テレビ系)の制作チームが集結し、「〇〇妻」(2015年、日本テレビ系)以来、5年ぶりに柴咲コウと脚本家・遊川和彦がタッグを組むオリジナル作品となっている。 柴咲演じる望美は、10歳の頃に不慮の事故に遭い25年間眠り続けた。そんな望美は、母・多恵(鈴木保奈美)の介護により目を覚ます。小学校の同級生であり、望美の初恋の相手・広瀬結人(坂口健太郎)は、心が10歳のままの望美に戸惑いながらも向き合っていく。 望美の事故後、家族を取り巻く環境は激変。自分の存在意義に悩んでしまう妹・時岡愛美を橋本愛、優しさ故に何もできずに家族から背を向けてしまった父・今村進次役に田中哲司、進次の再婚相手・今村加奈役に富田靖子、その引きこもりの連れ子・今村達也役を竜星涼が演じる他、細田善彦、大友花恋らが出演する。 ■ 注目の第1話 幸せの象徴のような新築の一軒家・今村家。お遣いを頼まれ意気揚々と出かけた10歳の長女・望美(柴咲)はその日、自転車のブレーキが壊れているとも知らず坂道を飛ばしていた。 しかし、次の瞬間コントロールを失った自転車は崖から大きく放り出されてしまう。病室で目を覚ました望美の目の前に広がるのは、なんと25年後の現在。 実は、事故の後25年間眠り続けた彼女は、母・多恵(鈴木)の必死の介護によって奇跡的に目を覚ましたのだった。 しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、格好良かった頼れる父・進次(田中)はパッとしない中年に、かわいかった妹・愛美(橋本)は不機嫌でとげとげしい大人に変わり果てていた。 そして望美自身は、心は10歳、体は35歳である自分を受け入れられなかった。 現在になじめないまま退院を迎えた日。多恵はお祝いにすき焼きを用意していた。実は、すき焼きは家族にとって因縁の料理。 まだ声の出せない望美を囲み、ある秘密を抱えたぎこちない家族の食卓が始まる。そこに望美の初恋相手・広瀬結人(坂口)が訪ねてくるが…という物語が描かれる。 「35歳の少女」第1話は、10月10日(土)夜10:00-10:54、日本テレビ系で放送予定。 (ザテレビジョン)

【関連記事】