Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

他人宛のメールが大量に届く男:あるエンジニアが奇妙な“トラブル”に巻き込まれ続ける理由

配信

WIRED.jp

ソフトウェアエンジニアのケントン・ヴァーダのもとに他人宛てのメールが届いたのは、今年6月上旬のことだ。差出人は通信会社のAT&Tメキシコで、電話料金の請求書を添付して「ホルヘ」という顧客に送ったものだった。 情報流出の危険性がある「放置アカウント」、いますぐ削除する2つのステップ 他人宛てのメールを受け取ったことなら、誰でも一度は経験があるだろう。ところがヴァーダの場合、さらに同じAT&Tメキシコから「グロリア」宛ての請求書も届いたのである。続いて3度目に送信されてきた「ウンベルト」宛ての請求書には、6,200ペソ(約28,800円)以上を滞納していることが記載されていた。 ヴァーダにとって、この出来事は驚きではなかった。彼は「temporal@gmail.com」というメールアドレスを使っており、世界中のスペイン語話者から1日に何十ものメールを受信する。どれも彼と同じメールアドレスを架空の宛先として使うことを思いついた人たちによるものだという。「temporal」はスペイン語で「一時的な」という意味だ。 ヴァーダによると個人宛のメールが頻繁に届いており、そこには医療費の請求書や督促状まで含まれているという。機密性の高いメールの多くには、「このメッセージには機密事項が含まれており、宛先人以外の者に開示することを禁じます」という法的注意事項が記載されている。ヴァーダはスペイン語話者ではないが、可能なら「Google 翻訳」を使って内容を把握し、アドレスが間違っていることを知らせるメールを送信元に返信するようにしている。 「つい最近の話ですが、手書きのノートのようなものの写真を送ってきた人が何人かいました。講義のノートかもしれません」と、ヴァーダは言う。「建物の管理人と思われるホセ・ゴメスという人物の職務評価もいくつか受信しました。かなり優秀な人でしたね!」

“事件”のルーツは1990年代に

ネット上で起きる奇妙なできごとの多くがそうであるように、「temporal@gmail.com」の物語の始まりは、もっとものごとが単純だった時代にまでさかのぼる。 ヴァーダがまだティーンエイジャーだった1990年代、彼はコンピューターを使わずに対話形式でプレイするテーブルトークRPG「Rifts」の熱心なプレイヤーだった。ゲームのなかで特にお気に入りだったのが、魔法で時間を操ることのできる「Temporal Wizard」と呼ばれるキャラクター属性だ。それゆえヴァーダは、自分のゲームタグ(ゲーム上のニックネーム)に「Temporal」を使うようになった。そして2004年、Gmailのサーヴィスが始まって間もなく大学を卒業したヴァーダは、「temporal@gmail.com」を自分のメールアドレスとして登録したのである。 「あとから考えると、代わりに『kenton@』を登録しておけばよかったと思います」と、ヴァーダは振り返る。「あのころなら、まだそれでも登録できたでしょうからね。いまはもう無理ですが」 それでも数年間は、何ごともなく「temporal@gmail.com」を使用できていた。ヴァーダが問題に直面するようになったのは、スペイン語圏の国でGmailの使用が急増し始めた2010年前後のことだ。 「一時的に使うだけの使い捨てのアカウントを作成する際に、本当のメールアドレスを登録したくない場合や、架空のアドレスが必要な場合に、『temporal』を入力して済ませることが多いようなんです」と、ヴァーダは説明する。「このアドレスが実際に誰かのものだなんて想像もしないんでしょうね」

【関連記事】