Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

辻元清美「銃弾まで送りつけられてTwitterの更新をやめた私が、いま再開した本当の理由」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

国会運営は与野党の「国会対策委員会」(国対)という、実は法的根拠のないシステムに依存していることをご存じでしょうか? 事実上、与党と最大野党の、二人の国対委員長が特別な権限を持っているのですが、いまだその実態については古い談合政治のようなイメージでしか捉えられていません。 2017年10月、史上初の野党第一党の女性国対委員長となった辻元清美議員が見てきた、官邸による「国会無力化計画」とは何だったのでしょうか。『国対委員長』(集英社新書)の著者・辻元議員に、本書の見どころを紹介してもらいながら、「ネットと政治」について、いま考えていることを明かしてもらいました。 *** ■最悪のタイミングで国対委員長に 4年ぶりに本を出すことになりました。タイトルは『国対委員長』です。 政治の世界にいる者からすれば「国対」は日常用語なため「そのまんますぎないか」という気がしたのですが、「いや、みんな聞いたことはあってもよく知らないですから」と背中を押してくれた編集者の藁谷浩一さんの調べによれば、おそらく書名は初出、類書もほぼ見当たらず、とのことでかえって驚きました。この仕事の実相が知られていない、いやむしろ隠されてきたのかなあと。 確かにテレビのニュースで「与野党の国対委員長が今出てきました」という中継が流れると、強面の男性ばかりで秘密を持ち合い、裏で国会を牛耳っているというイメージを持つ方もいるのでは。古き55年体制下の談合政治の温床と見る方も多いと思います。 そのドロドロした(?)国対で、野党全体を率いて自民党国対委員長とサシで交渉する役割に、こともあろうに私がつくことになったのが2017年総選挙の直後。安倍政権の勢いは最高潮、野党は希望の党の「排除騒動」を経てバラバラ、という政治的には最悪のタイミングでした。 与党はもちろん、野党第一党の国対委員長が女性というのは史上初めてということで、私の一挙手一投足が報じられるようになりました。本当に、トイレに行くにも10名くらいの記者を引き連れて行かねばならないくらい。

【関連記事】