Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

気持ちはアメリカン!? 懐かしの逆輸入車5選!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GQ JAPAN

1980~1990年代に日本に上陸した“逆輸入車”を小川フミオが振り返る。 【写真を見る】1980年代に話題を集めた逆輸入車たちの詳細(46枚)

1980年代から1990年代にかけて、日本車は国内マーケットを大きく広げた。車種バリエーションの拡充で、市場のニッチ(すきま)にハマるクルマをいろいろ出したことがひとつ、もうひとつは、海外現地生産車の日本への輸入販売だ。 米国工場生産車を日本で売る。端緒を切ったのは、1988年のホンダ「アコードUSクーペ」だ。1990年4月には「アコードUSワゴン」の輸入販売が開始された。 日本のメーカーが、そもそも外国市場向けに日本向けとちがうクルマを開発して販売していることや、海外に現地生産工場を持っていることなど、このとき初めて知ったという知人も多かった。 現地生産の背景には、日米貿易摩擦がある。1970年代のいわゆる第2次オイルショックあたりからの米国消費者の低燃費車志向などによって、日本車の販売が大きく上向き、米国メーカーの販売を圧迫しはじめたことなどで日米自動車貿易摩擦が激化、政治的な理由も手伝って、現地工場を作ってアメリカの労働者を現地雇用する日本メーカーが増えたのだった。 当初、アコードUSクーペが、左ハンドルで販売されたのは驚きだった。むかしの言葉でいうと、バタくさい。当時は”アメリカン”という形容詞は、新しく、しかも軽くてキモチがいいものとほぼ同義だったのだ。 「ホンダが米国生産車を輸入した背景には、当時の売れ線の車種が日本生産車になかったということがあったかと思います」。そう語るのは、当時第一線で活躍していた日本の某自動車メーカーの(もと)広報部員だ。そこで彼が挙げた一例は、ホンダのアコードワゴンの逆輸入モデルだ。 「1980年代からレガシィ(1989年)に代表される“ワゴンブーム”が起こるものの、ホンダにはレガシィサイズのワゴンがありませんでした。そこで、目を付けたのが米国生産のアコードワゴンだったのではないでしょうか」 ホンダのみならず、他のメーカーもさまざまな車種を輸入販売するようになった。大きなサイズやクーペなど、米国的なモデルが多く、どのメーカーもニッチ(市場のすきま)を探していたのである。 とはいえ、大きなヒットに結びついたモデルはほとんどなく、いま車名を思いだそうとすると、”あー、そんなクルマあったねえ(懐)”という言葉でしめくくられるのがオチだ。 「日本人は欧米へのあこがれが強いから、日本で売っていない欧米製の車種を輸入すれば売れるかもしれない……すでに現地で売っているクルマなので開発費もそれほどかからない……というぐらいの中途半端な思惑が動機になっていたのではないでしょうか」 前述の自動車メーカーのもと広報マンによる分析である。

【関連記事】