Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

脚本家 岡田惠和が描くリモートドラマ 吉田羊×大泉洋W主演「2020年 五月の恋」

配信

otocoto

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言によって映画やドラマが撮影休止、演劇公演が上演中止や延期になり、その代わりに、次々と遠隔操作による映画やドラマ、演劇作品が短期間で作られ配信されるようになった 。 リモートドラマ、リモート映画、リモート演劇と名前がつけられたそれらは、基本、部屋に俳優がひとりいてリモートで撮影したものを配信するので、ドラマと映画と演劇の境界は限りなく曖昧になっている。 各ジャンルのオーソリティから新人まで様々な才能がリモート作品を発表する中で、WOWOWは、YouTube WOWOWオフィシャルチャンネル、WOWOWメンバーズオンデマンドにてリモートドラマを4夜連続で無料配信した。それが大泉洋と吉田羊ダブル主演による「2020年五月の恋」である。4日間、各話15分弱の作品が連続ものとして視ることができるので、これはやっぱり映画でもなく演劇でもなく“ドラマ”である 。 2020年5月、在宅ワークをしているモトオ(大泉洋)はうっかり、元妻のユキコ(吉田羊)に間違い電話をしてしまう。離婚してから4年、連絡をとっていなかったふたり。スーパーのパートから帰ってきたところで疲れているユキコは最初のうち、モトオを冷たくあしらうが、モトオは人懐っこさ全開で話を続けようとする。 お互い探り合いながらも、元夫婦という気安さも手伝って、毒舌や冗談なんかも交えながらじつに流暢におしゃべりが続き、過去の思い出をまぶしながら互いの近況を知っていく。昨今の社会情勢での労働にストレスを感じていたユキコはついついモトオに愚痴を語りだす。モトオは人の話を聞くのが上手で、ユキコの心をほぐしていくかのようだが、そんなモトオもそれなりに悩みはあって…… 。 画面の左にモトオ、右にユキコ。そのレイアウトは変わらないままだが、ふたりは時々部屋の中を移動するし、カメラもいろいろな角度から各々を映しているので、ビジュアル的に飽きることはない。この感じはなんとなく演劇的でもある。舞台の両端に互いに部屋のセットがあって、そこで各々が演技している二人芝居の雰囲気がする。 ただ、リモートなので、ふたりは同じ空間にいない。それでも大泉と吉田の息はピッタリに感じる。今回のリモート企画の発案者である吉田羊は「映像なんだけれども舞台劇のテンションでお芝居できる人」ということで大泉洋を指名したそうだ(公式サイトのインタビューより)。

【関連記事】

最終更新:
otocoto