Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「新型コロナウイルス」の関連語、もっともツイートされた単語は?【NTTデータ調べ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

NTTデータのニュースサイト「イマツイ」は、新型コロナウイルスの影響で人々の話題がどのように変遷したか、Twitter全量データをデータサイエンティストが分析した結果を発表した。 この調査では、以下の4項目について分析を行っている。 ・(1)新型コロナウイルスに関する話題分析 ・(2)「自粛」賛成派と反対派の話題分析 ・(3)「在宅」の話題分析 ・(4)「在宅」のポジティブ率分析  

2月・3月・4月のTwitterのコロナ関連、一貫して「マスク」が話題の上位

まず、“コロナに関連して人々がどのような話題を語っていたか”を分析すると、2月上旬~3月下旬には、「中国」「感染」「影響」「人」など、海外動向に焦点を当てた話題(共起語)が多かったが、4月に入ると、国内の動向に話題が集中し、「マスク」「感染」「人」、さらに「緊急事態宣言」といった話題が増加した。全体を通して見ると、2月・3月・4月の間、一貫して「マスク」が上位にランクインしていた。Twitterで最も語られた話題といっていいだろう。  

自粛はすべきか? 自粛すべきでないのか? Twitterから民意を探る

つづいて、感染拡大防止のキーワード「自粛」に対して、“「自粛」賛成派と反対派”がどのように振る舞ったか変遷を分析。「自粛すべき」と「自粛すべきでない」という話題量の推移を比較した。すると、4月中旬ごろまでは「自粛すべき」という話題が多く見られ、オリンピック中止、テーマパーク休業、イベント中止が報道されるたびに増加した。

しかし4月16日の「緊急事態宣言の全国拡大」以降は、経済の停滞への懸念から、「自粛」に反対する声が増加。ゴールデンウィークの時期になると、「自粛反対」「自粛疲れ」といったハッシュタグをともない、反対派のツイート増が目立つようになった。とくに連休明け初日の5月7日には、ピークを迎えている。  

「おうち時間」は都市周辺圏でポジティブな話題に

テレワークによる「在宅勤務」について分析した結果を見ると、2月からじょじょに話題量が増加し、学校の一斉休校、都知事による外出自粛要請で、言及量が増加。4月上旬の緊急事態宣言のタイミングでピークを迎え、以降は常態化したのか減衰している。