Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

お酒を飲めるけど飲めないフリ… 「エセ下戸」を演じる人たちの本音

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 お酒を飲めないことで苦労するという話も、今は昔。無理して飲むより、飲まない方がいいという場面も増えてきたようだ。むしろ、飲めるのに“飲めない”ことにして、窮地を脱する人たちもいるようで……。 【写真】居酒屋の「コスパ悪すぎメニュー」、このお通しで500円…

 40代の女性会社員・Aさんは、お酒が飲めない体質というわけではないが、「飲めないということにしています」という。Aさんが、新卒入社当時の飲み会の状況をこう振り返る。

「私が新卒の頃は、まだまだ『とりあえず飲め』みたいな時代。『最初はビール』が暗黙の了解だったし、なんなら『飲めなくても、飲んでいるうちに鍛えられて飲めるようになる』と、謎の説を唱える人もたくさんいました。私は女性ということもあって気を遣ってもらえたのか、強制的に飲まされるようなことはありませんでしたが、同期の男性陣は飲めない人はもちろん、飲める人もなかなか辛そうでしたよ」(Aさん)

 そうした現場に直面したAさんは、当時からいままでずっと「飲めない」キャラを演じてきたと明かす。

「私は空きっ腹にアルコールを入れたくないタイプ。大勢の飲み会でよくある、“コップが空いたらどんどん注がれる”状態がイヤ過ぎて、同僚の前では最初から『飲めない』キャラを貫きました。少人数で、気のおけない人と一緒のときは飲むこともありますが、それも気が向いたらという感じです」(Aさん)

 職場はもちろん、友人同士の飲み会でも様々なお酒の苦労話を聞くにつけ、なぜアルコールだけ「飲まないという選択肢」が存在しないのか、常々疑問に思っていたという。

「私にとって、お酒はコーヒーやスイーツと同じ嗜好品。コーヒーだって、“今はいらない”とか、“もう飲みたくない”とか、その時の気分があるじゃないですか。それと同じで、アルコールだって常に飲みたいわけではない。なのに、なんで『飲めなくない人は、飲んで当たり前』みたいな扱いなんですかね?」(Aさん)

 30代の男性会社員・Bさんは、社会人デビューの失敗から、転職した現在の会社では、「2杯くらいで吐き気がするので、最初の1杯だけなら……」というスタンスだ。だが、実際は大学時代には“飲みサー”に所属していたほどの、いける口。いまも、一人で飲むことや友人となら飲みに行く。一体何があったのか。

【関連記事】