Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

写真家・岡原功祐が主宰する若手写真家の支援金プログラム、「Pitch Grant」にご注目を。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Pen Online

2001年に紛争後のコソボを訪れたことをきっかけに、フリーランスの写真家として活動を開始した岡原功祐。W.ユージン・スミス賞フェローシップやゲッティー・グラント、ピエール&アレクサンドラ・ブーラ賞など海外の写真賞を数々受賞するなど、人の居場所をテーマに各地で撮影を続けてきた彼が、35歳以下の写真家と写真を用いて制作を行う作家を対象に、Pitch Grantと題する支援プロジェクトをスタートした。 【プロジェクト詳細】『Pitch Grant』 岡原は以前暮らしていたパリで、写真のプロジェクトを聴衆の前でプレゼンし、一番票を集めた人のプロジェクトが数十万円の支援を受けられるイベントに参加した。予備審査を通り、ファイナリストとして登壇したものの、時間が足りずに失敗してしまった経験から、若手写真家が的確にプレゼンし、その見返りとして支援を受けられる支援金プログラムを企画することになったという。 個人からの寄付に頼り、すべて無償で行う個人的な社会貢献活動のため、助成金は10万円と高額ではないが、優れた作品制作と同様にプレゼンの重要性を多くの人が理解し、国内外で発表する場が広がる未来を岡原は思い描く。 京都市の将軍塚青龍殿を会場に、9月21日に公開審査が行われ、10名のファイナリストがプレゼンを実施。2名の受賞者が決定した。卵を被写体とする作品『Unbreakable Egg』を出品した横山佳奈恵と、公害病で知られる土地の現在を伝えようと熊本県の水俣を撮影した『あめつちのことづて』の豊田有希。 10名のファイナリストは自らの活動を言葉で表現することの重要性を実感し、発表と支援の好循環が生まれるひとつの契機となったはずだ。受賞作家2名の活動はもちろんのこと、2021年以降も継続するプロジェクトとしてPitch Grantの今後を追いかけたい。

文:中島良平

【関連記事】