Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

九州北部 13日深夜に非常に激しい雨のおそれ 土砂災害に警戒

配信

ウェザーマップ

 13日(月)午後は、山陰や北陸で雨の強まる所があり、今夜から14日(火)にかけては、発達した雨雲が西・東日本を南下する見込み。局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあり、大雨となる所があるため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。

 今夜から14日にかけて、前線が西日本を通過するため、西日本は14日午前を中心に、東日本は14日は大気の状態が非常に不安定となる見込み。九州北部(山口県を含む)は今夜遅く~14日朝にかけて、九州南部や四国の太平洋側は14日朝~昼過ぎ、静岡県を中心とした東海で14日朝~夜のはじめごろにかけて、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るおそれがある。  九州北部では、暗い時間帯に非常に激しい雨が降り、周囲の状況が把握しづらくなる可能性がある。見通しがきく明るい時間帯、かつ雨がまだ強まらない日中の間に、避難準備を整えるなどの作業を進めておきたい。

 なお、西・東日本はこれまでの大雨により、土砂災害の危険度が高まっている所があるため、土砂災害、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に警戒・注意が必要だ。また、西・東日本は、15日(水)にかけても局地的に大雨が続くおそれがあるため注意が必要となる。  (気象予報士・高橋和也)

【関連記事】