Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ハワイロス」な人たちの2020年夏 #コロナとどう暮らす

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
nippon.com

林田 順子

日本人にとってハワイは昔も今も最も人気のある海外スポットの1つ。ハワイを訪れる外国人は日本人が断トツの第1位だ。事実上、ハワイが入国規制を敷いている中、ハワイを訪れることが当たり前だったハワイラバーたちは、どうやってこの夏をやり過ごしているのだろうか。

いまだ自由な渡航の目途が立たないハワイ

新型コロナウィルスの感染拡大により、ハワイは2020年3月下旬から入国者に14日間の自主規制を課し、実質的な入国規制に入った。 19年、ハワイに旅行した日本人は155万9000人(速報値)を記録。「東京24区」と例えられるほど、ハワイを愛する日本人は多い。 9月1日に規制解除されるはずだった太平洋横断移動のハワイ行も、早くても10月1日までの延期が決定。いつになったら旅行できるようになるのか、見通しはなかなか立たない。この状況の中、「ハワイラバー」たちはどう過ごしているのか。最低でも年に1度はハワイを訪れるという3人に、「ハワイロス」の5カ月間をどう過ごしてきたのかを聞いた。

フラワーアレンジメントからハワイアンレイへ

大谷幸生さんはハワイ好きが高じて、レイ作りを始め、今ではハワイアンレイ教室「UMAHANA」を主宰。レイについての著書もあるほどのハワイラバーだ。 初めてハワイを訪れたのは19歳の時、初めての海外旅行だった。 「海外に行ってみよう!って思いつきの旅でした。ガイドブック片手にハワイなら、日本語も通じるだろうと思って行ったら、意外に日本語が通じなくて、慌てましたね(笑)」 初めての海外の印象は強烈だった。 「風や香り、おおらかな人の雰囲気、あの空気感は強烈でした。日本でもこんな気分になりたいと思って、お土産屋さんで一生懸命、同じ香りがするものがないか、いろいろなものの匂いを嗅いだのを覚えています」 その後、大谷さんは花屋に就職。ハワイからは遠ざかった。 「当時はヨーロッパのフラワーアレンジが主流だったので、よく現地にも行っていたんですよ。でも、何か空気がどよ~んとしてて、花以外には一切興味を持てなかった。ある時、それって仕事を突き詰める上でマイナスじゃないかって思ったんです。それでいろいろ考えて、ハワイなら好きだし、のめり込めるぞと、レイ作りを始めました」 そこからは勉強を兼ねて年に2~3回はハワイを訪問。これまでの渡航歴は50回以上に及ぶ。 「よく美味しいお店を教えてくださいって言われるんですけど、僕はあまりグルメとかは興味がなくて(笑)。滞在中はずっとレイを作っています。地元の人と一緒に材料を森に取りに行ったり、庭に咲いている花を分けてもらったり。一度、SNSで知り合った人と一緒にレイを作ったことがあったんですが、『お前はそう作るのか。じゃあ、俺はこう作るぜ』みたいな探り合いがお互いにあって、そんなライブな感じがすごく楽しかったですね」

【関連記事】