Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

桜ヶ丘病院移転問題で院長と面会した静岡市長が代案提示か

配信

静岡朝日テレビ

 清水庁舎の移転事業の凍結を発表した静岡市の田辺信宏市長が、その跡地に移転を計画する桜ヶ丘病院の院長と面会しました。  1日午後3時半すぎ、桜ヶ丘病院の内野直樹院長が、病院を運営するJCHO本部の職員と田辺市長を訪ねました。桜ヶ丘病院は清水庁舎跡地への移転が計画されていますが、田辺市長は先週、庁舎を新たな場所に移す事業の凍結を発表。それに伴い、病院の移転計画の今後に注目が集まっています。  新型コロナの影響で直接会うことが難しく、市とJCHO側はこれまで電話での協議を続けていました。そうした中で迎えたきょうのトップ対談。  関係者によりますと、田辺市長は移転を急ぐJCHO側に対して、庁舎近くの別の土地への移転を含む複数の代案を提示したとみられています。