Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東大阪市ウルトラプレミアム商品券販売開始 プレミアム率50%、市内全世帯対象

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 東大阪市が9月1日、市内の飲食店や小売店などで使える「東大阪市ウルトラプレミアム商品券」の販売を始めた。(東大阪経済新聞) 【写真】東大阪市ウルトラプレミアム商品券が使用できる店舗に掲出するポスター  新型コロナウイルス感染症の影響で打撃を受けた地域経済の活性化と市民の生活支援策として、市内の全世帯を対象に販売する。額面500円の商品券15枚が1冊(小型店専用券7枚、全店共通券8枚)になっており、1冊7,500円を5,000円で販売する。1世帯当たり4冊まで購入可能で、最大2万円で3万円分の商品券を購入できる。発行冊数は97万2000冊。  市内の全世帯には「東大阪市ウルトラプレミアム商品券購入引換券」を郵送しており、平日は市内郵便局、9月と10月の土曜・日曜は市内商店街(販売場所は日により異なる)で販売する。購入には、引換券と本人確認書類が必要。  販売初日に布施郵便局(永和2)で4冊の商品券を購入した女性は「うれしい。前々から買おうと思っていた電気製品があるのでその足しにしたい。今は暑いので近々買いに行きたい」と笑顔を見せる。  購入時に配布する商品券を使用できる店舗を掲載した冊子には、早期に登録した1525店舗を掲載。現在も引き続き募集をしており、9月1日17時現在、使用可能店舗は2261店舗で、店頭にポスターやのぼりを掲出している。  販売期間は12月28日まで。使用期限は来年1月31日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク