Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

デジタルマーケティングに疲れたら考えたい、ファンを育てるブランディング

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

こんにちは、テレビ東京の明坂です。 唐突ですが、みなさんデジタルマーケティングに疲れていませんでしょうか。私は以前かなり疲れていました。集客目標KPIを達成するために毎日毎日モニタリング、分析、打ち手の仕込み、そんな日々を過ごすマーケターには共感いただける方も多いかもしれません。 現在、私はテレビ東京でブランディングのプロジェクトに携わっています。プロジェクトを通じて、顧客と良い関係を築くべくブランドの哲学を持ち、哲学に基づいてマーケティングを実行する重要性を知ると共に、デジタルマーケティングで疲れたときに何を考えればよいのか少しわかってきた気がしています。 すこし前置きが長くなりましたが、今回はそんなテーマです。  

デジタルマーケティングに関わるようになったキッカケ

はじめに少し自分の経歴紹介をします。私のファーストキャリアはエンジニアで、主にtoC向けのWebサービスの開発を行っていました。その中で集客のためにSEOを学びだしたのがマーケティングのキャリアへ染み出したキッカケです。 今でこそ、エンジニアという職種はサービスのKPIをグロースさせるようなスコープで動いたり、データを活用して広告配信やUX(ユーザーエクスペリエンス)を最適化したりと、直接マーケティングに関わることが多くなったと思います。しかし10年前はというと、企画者の要件どおり、仕様どおりにシステムを開発していくということがまだまだ主流で、自分の仕事がどの程度のビジネスに貢献しているのか不明であることが多い状態でした。 それゆえに、サイトの流入数やそこからのコンバージョン及び売上が直接見えるSEOを始めとしたデジタルマーケティングは、仕事としてとても取り組みやすいものでした。またその背景もあり数字の改善にはかなりのこだわりもありました。  

“顧客とのよい関係を続けていくこと”の重要さが増している

これを読まれている方には釈迦に説法になりますが、マーケティングとは「(商品及びサービスが)売れる状態にすること」で、デジタルマーケティングはその中の「デジタル上のチャネルに対する打ち手」や「データを用いた管理の効率化」といった領域だと私は解釈しています。 しかし、日々いかにCV(コンバージョン)を増やしCPA(顧客獲得単価)を下げるか、そのためにいかにして検索順位を上げ、クリエイティブのA/Bテストを回し、イケてるデータで広告配信するか。ということに力を注ぐあまり、顧客が“その製品やブランドと関係を続けたいと思ったかどうか”そして”よい関係を続けてもらうためにはどうすればよいか”について考えることをおろそかにしていませんでしょうか(ちなみに、昔の私はKPI改善マシンだったのであまり考えていませんでした)。 大量の情報が溢れ、個人の発信が急激に増えた現在の社会において、マスメディアやパブリッシャーの影響力は相対的に弱まっています。反対に個人の影響力は強まっていることでもあり、顧客との信頼関係すなわちブランドを育て、さらに多くの人にポジティブな影響を波及する存在になってもらう必要があります。そのためにまず行うべきことはCTR(クリック率)が高い広告文を作ることでもLP(ランディングページ)のA/Bテストをすることでもありません。