Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「僕以上のキャプテン」と元プロ・中村監督も絶賛する下林の活躍で天理が優勝!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校野球ドットコム

 秋の近畿王者・天理と準決勝で智辯学園を破った奈良大附による決勝戦。昨秋の近畿大会でも両校は対戦し、この時は14対0の6回コールドで天理の圧勝だったが、この日は最後までもつれる大熱戦となった。 【画像】近畿地区屈指のスラッガーでもある下林源太の本塁打シーン  天理の先発は背番号11の左腕・吉岡大誓(3年)。奈良大附は1回表に1番の喜多 智也(3年)が左中間への二塁打で出塁すると、続く吉岡 耶翔(3年)が犠打を決めて一死三塁とする。ここで3番の今井 優(3年)がセンターにキッチリ犠牲フライを放ち、奈良大附が先制点を挙げた。  奈良大附は右横手投げの背番号10・二宮 知也(2年)を先発マウンドに送る。1回裏の天理の攻撃は二死から3番・河西 陽路(3年)がライトオーバーの二塁打で出塁すると、続く山地 裕輔(3年)の二塁ゴロが失策となり、一、三塁のチャンスを掴む。  この場面で天理は一塁走者の山地が盗塁。二塁への送球が逸れる間に三塁走者の河西が生還し、同点に追いついた。なおも二死三塁とチャンスは続き、ここで5番・河村 拓民(3年)が左前適時打を放ち、すぐさま逆転に成功した。  リードを許した奈良大附は相手のミスから一死満塁と一打逆転のチャンスを得る。ここで喜多の放った打球は遊撃ゴロの併殺崩れとなり、三塁走者が生還。試合を振り出しに戻した。  追いつかれた天理だが、その裏に無死一塁から8番・田中 勝大(3年)が左中間に適時二塁打を放ち、再び勝ち越しに成功。その後、一死三塁となり、1番・下林 源太(3年)のセンターへの2ラン本塁打でリードを3点に広げた。  3回以降は両投手ともに落ち着いた投球を見せ、5対2のまま5回を終える。次の1点が試合の流れを大きく左右する中で奈良大附は6回表に連打に相手の失策が重なり、無死二、三塁のチャンスを作る。ここで5番・美並 彰也(3年)がセンターに犠飛を放ち、1点を返す。その後、二死三塁から7番・池田 遼介(3年)の適時内野安打で1点差に詰め寄った。

【関連記事】