Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レイズ・筒香嘉智がPS初戦に「1番・DH」で先発…1打席目は初球を中飛

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

◆メジャーリーグ・ワイルドカードシリーズ レイズ―ブルージェイズ(29日、セントピーターズバーグ・トロピカーナフィールド)  レイズ・筒香嘉智外野手(28)が29日(日本時間30日)、ポストシリーズ(PS)初戦となるワイルドカードシリーズ(WCS)第1戦の本拠地・ブルージェイズ戦に「1番・指名打者」でスタメン出場。1打席目は中飛だった。  8月16日(同17日)に対戦した際には、左翼へ3ランを放った先発右腕・シューメーカーとの対戦となった初回の1打席目。いきなり初球の低め92・3マイル(約148・5キロ)直球をはじき返したが、中堅手ほぼ定位置のフライに倒れた。打球速度は100マイル(約160・9キロ)、捕距離は364フィート(約110メートル)だった。  日本では2018年10月7日の広島戦(マツダ)、同9日のヤクルト戦(神宮)の2試合で出場しただけというなじみのなかった1番。メジャーでは、故障者が続出したこともあって9月17日(同18日)に初めて「1番・指名打者」でスタメン出場すると、7試合で出場した。1番では29打数6安打で打率は2割7厘だったが、19日(同20日)に本塁打も1本放った。

報知新聞社

【関連記事】