Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スカウトキャラバンから11年。小島瑠璃子に生まれたひとつの決意とは? 「世の中が大きく変わってきているので、頭をまっさらにしてお仕事したい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

今年も開催! 年に一度のこじるりフェス! ということで小島瑠璃子が9月14日発売の『週刊プレイボーイ39・40合併号』で表紙&巻頭グラビアに登場! ホリプロスカウトキャラバンから今年で11年。20代後半に突入したこじるりのステイホーム期間の過ごし方と、そのなかで生まれたひとつの決意とは? ■味があるハンバーグを食べたいです ――小島さんが週プレの表紙巻頭を飾り、同時にデジタル写真集をリリースする、年に一度の恒例"こじるりフェス"が今年も開催です。まずは撮影の感想からお願いします。 小島 今年もノンストレスで楽しみながら撮影していただきました! 特に今回は、撮影中の移動が例年より少なくて、その分撮影のことだけを考えて臨めたかなと思います。 ――毎年、いろんな場所をバタバタと連れ回してすみません(汗)。 小島 いやいや! もちろん例年みたいな、スタッフさんたちと「早く撮り終えないと!」ってミッション・インポッシブルに挑む撮影も楽しいですよ。 ――ありがとうございます(汗)。小島さんには伝えていませんでしたが、今回は、「大人」「自然体」という裏テーマがありました。 小島 なるほど。わかる気がします。今回、20代後半になって初めての撮影だったんですけど、今までみたいに蛍光色の水着を着て、ワーッて笑うというより、落ち着いた色の水着やドレスを着て、表情も自然なままに撮っていただきましたもんね。実は撮影中、「今日のカットと、10代の頃の海を見て『海ー!!』って叫んでいるようなカット、見比べたら別人なんだろうな」って考えていたんですけど。そういう意味では、今回も年相応。自然に大人として臨めたかもしれないです。 ――撮影現場では、小島さんの「塩抜き」というボディの調整方法が話題になりました。なんでも、むくみを取るために数日間、塩分を一切摂らないようにするとか。 小島 実はグラビア撮影の前後は毎回やっていまして。週プレさんだと今年で3回目かな? 今回は4日間と半日、徹底的に抜いてきました。 ――1日だけでも苦しそうなのに、4日半も......。想像を絶します。 小島 夏なので熱中症にだけはならないように、できる限り涼しい所にいました(笑)。でも、しっかり食事しても、塩分を摂らなければ、数日で見た目が変わってくるんですよ。 ――なるほど。抜くのは塩だけなので、食事はできるんですね。 小島 もともと、ボクサーが減量の最後に体重を調整する方法で、厳密に言えば彼らは断食もするんですけど。でも私は体重測定があるわけではないし、食べないとリバウンドしちゃうので鶏肉やフルーツ、ヒレ肉や野菜とかをしっかり食べるんです。もちろん塩は摂れないので、ガーリックパウダーやカレー粉の風味づけで食べるんですけど。 ――......やっぱり想像を絶します! もともと、ストイックなイメージでしたがあらためてそのすごさを垣間見ました。 小島 あはは(笑)。自分に一番合っていると思ってやっていますけど、味がない食事は正直キツいです。今日は早く帰って、味があるハンバーグを食べます!(笑)

【関連記事】