Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハチロクの再来!? 米国カローラにApex Edition誕生! 走りの名グレード蘇る

配信

ベストカーWeb

    かつて"ハチロク"として親しまれたカローラレビン/スプリンタートレノに設定された名グレードが米国で蘇った!?  【画像ギャラリー】限定6000台のカローラApex edition 2021年モデルをみる   7月15日に米国仕様カローラ(4ドアセダンボディ)の2021年モデルが発表された。カローラ自体の2021年モデルでの変更点は、インフォテイメントでのアンドロイドオートやアップルカープレイの対応、装備内容の充実化といった細かいものとなる。   しかし、目玉は他にあった! 2021年モデルのカローラには「アペックスエディション」と命名された6000台限定のスポーツモデルが加わったのだ。   "アペックス"といえば、かつて"ハチロク"と呼ばれたカローラレビン、スプリンタートレノにも設定されたグレードだが、蘇ったカローラのアペックスエディションは、果たしてどんな車なのか? その詳細を解説したい。  文:永田恵一、写真:トヨタ

日本とは違う! 米国カローラってどんなクルマ? 

    アペックスエディションの前にアメリカで販売されるカローラを紹介すると、まずボディタイプは5ドアハッチバックと4ドアセダンの2つ。   2018年3月のニューヨークモーターショーでワールドプレミアされた5ドアハッチバックは、米国ではカローラハッチバックという車名で、日本で販売されるカローラスポーツと同じボディだ。   搭載されるエンジンは日本で販売されるRAV4などに搭載される2LガソリンNAのみで、トランスミッションはCVTとシフトダウンの際にエンジン回転を合わせる機能などを持つiMT付の6速MTが組み合わされる。   米国向けの4ドアセダンのカローラの現行モデルは2018年11月に登場。   こちらは日本仕様のカローラとステーションワゴンのカローラツーリングが日本専用ボディとなることもあり、全長4630mm(日本仕様+135mm)×全幅1780mm(同35mm)×全高1435mm(全高は共通)、ホイールベース2700mm(同60mm)と、日本仕様のカローラに対し若干大きいボディサイズを持つ。   パワートレーンは、CVTとの組み合わせとなる1.8LガソリンNAと1.8Lハイブリッドが日本仕様のカローラと共通。   これ以外にハッチバック同様にCVTとiMT付6速MTが用意される2LガソリンNAも設定される。

【関連記事】