Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SKE48の若手ユニット“カミフレ”が「匿名による誹謗中傷問題」がテーマのオンライン生演劇に挑戦

配信

ザテレビジョン

SKE48から選抜された若手メンバーによるユニット・カミングフレーバーが、「Zoom」を利用したオンライン生演劇「真夏のZoomミステリー『罪TO罰』」に出演することが発表された。 【写真を見る】「『やりたい!』って口に出すのは大事なんだなって改めて思いました」と青海ひな乃 カミングフレーバーは6月に「Zoom劇場 カミングフレーバー(SKE48)は一週間で女優になれるのか!?-怨ラインノミ-」に出演。大きな反響があり、第2弾が開催されることとなった。 発表は7月10日、野村実代と青海ひな乃がSHOWROOMで配信を行っていると、そこに前公演を演出したA・ロックマンことシャカ大熊からの手紙が届き、第2弾開催決定が知らされた。 今作はカミングフレーバーのために書き下ろしされた新作公演。今大きな社会問題となっている「匿名による誹謗中傷問題」をテーマに描いたミステリー作品となっている。 メンバーは赤堀君江、大谷悠妃、野村、中野愛理、平田詩奈のAグループと、青海、鈴木愛菜、田辺美月、野村、西満里奈のBグループに分かれ、昼公演、夜公演をそれぞれ別のグループが担当する。 さらに、今作では来場者の投票によってリアルタイムにストーリーや結末が変化するマルチエンディングを採用。千秋楽の公演終了後には、公演本番に至るまでの苦悩やこぼれ話などを出演メンバーが語る「打ち上げトークショー」も開催される。 また、今回はチケット購入者に鑑賞の記念として「写真付きの鑑賞記念チケット」がプレゼントされ、各公演別に出演メンバーの写真入りチケット画像がダウンロードできる特典も用意されている。 ■ 野村実代 コメント まず、とってもうれしいなっていう気持ちが大きいです。こうやってZoom劇場第2弾が決まったのは観てくださった皆さまのおかげなので、本当に感謝しています。ありがとうございます。 今回もサスペンスということなので、前回よりさらに怖さを追求できたらいいなって思いますし、皆さまの期待に応えられるよう頑張ります! ■ 青海ひな乃 コメント 第2弾決定を聞いてまずびっくりし過ぎて。最近カミングフレーバーのお仕事をたくさんいただいているので、本当にうれしいことが多過ぎてありがたいです。前回のZoom劇場も楽しくて勉強になったことが多かったので、またできるのは本当にうれしいですし、「やりたい!」って口に出すのは大事なんだなって改めて思いました。 前回の反省を生かしつつ、今回はオリジナルの台本で、昼夜公演と新しい体制なので、前よりももっともっと良いものを観ていただけるよう私たちも全力で頑張りますし、たくさんの方に観ていただけるとうれしいです。 (ザテレビジョン)

【関連記事】