Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“平成唯一の三冠王”松中信彦がハンドボールに携わったきっかけと見据える“東京五輪後”<インタビュー前編>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

特別な野球好きでなくとも、松中信彦という名前に聞き覚えのある人は多いだろう。平成で唯一、2004年に三冠王を達成し、2006年の「ワールド・ベースボール・クラシック」では日本の4番を務めた元福岡ソフトバンクホークスのスラッガーだ。 【写真を見る】GMとして元阪神・歳内宏明投手のNPB復帰をサポートした松中氏 2015年に現役を引退し、現在は2019年に就任した野球の独立リーグ・四国アイランドリーグplusに所属する香川オリーブガイナーズのGM兼総監督を務める傍ら、今年7月には日本ハンドボールリーグのアンバサダーの役を担うことになった。 元プロ野球選手が引退後に他球技のアンバサダーになった背景とは? 松中氏にそのいきさつやハンドボールの魅力、アンバサダーとして見据えるハンドボールの将来などについて話を聞いた。 ■ 長男がきっかけでハンドボールに携わることに ――まずは、現役を引退されてから2019年に香川オリーブガイナーズのGM兼総監督に就任されるまで、どのように過ごされていたのかを教えていただければと思います。 引退してからは、基本的には野球の解説と講演会の仕事ですね。あとは、長男のハンドボールに携わるというか、送り迎えをしたり応援に行ったりしていました。プロ野球選手のときは息子と接する時間がシーズンオフしかなかったので、子供との時間を多く持とうということで。 ――日本のプロ野球でGMという存在が浸透してきたのはこの10年くらいだと思うんですが、具体的にGMとはどんな役職なのでしょうか? 日本プロ野球機構(NPB)のGMは、選手獲得だったりチーム編成だったり、言うなれば現場のトップですね。監督より上の立場で、監督人事を決めたりもします。 独立リーグの場合、予算や収益構造の違いから、NPBと多少権限の大きさは異なりますが、基本的には同様の立場です。独立リーグはNPBに選手を送り込むのが目的でもありますが、僕はGMとして(元阪神・)歳内宏明投手を獲得し、全力でサポートしました。 その結果、歳内投手を早速、NPBのヤクルトスワローズに復帰させることができました。これはGMとしての1つの成果だと思います。 ――ご長男がハンドボールをやることに対して、父親として野球をやってほしかったという気持ちはあったのでしょうか? いや、特に僕の中にそういう気持ちは正直なくてですね。何でもいいので、何かスポーツをやるなら「中途半端だけはやるな」という思いだけですね。やるならとことんやれと。 そういうことは常に言っていて、たまたま長男が選んだのがハンドボールで、そのおかげで僕もハンドボールの魅力を感じることができましたし、こうやってハンドボール界に進出といいますか、協力させていただけるようになりました。 きっかけは本当に息子のおかげだと思うし、野球だけじゃなくて他のスポーツに関われるのも、人生の中ですごくプラスだと思いますね。 ――ご長男がハンドボールを始めたのは、松中さんが現役の頃ですか? 現役のときですね。始めたのは辞める2年前で、辞めた年に長男が中学3年生でJOCの福岡県選抜に選ばれたんです。そこがきっかけなんですよ。そこから送り迎えをしなきゃいけなくなったんですけど、見れば見るほど楽しいし、全国大会(第25回JOCジュニアオリンピックカップ2016ハンドボール大会)も応援に行って、そこで2位になって。そこからは何とか息子を本気で支えたいなと思いました。 あとは、ハンドボールはまだマイナースポーツなので、なるべくメジャーにしたいですね。世間はハンドボールというと宮崎大輔君しか頭に浮かんでこないと思うので、もっと興味を持ってもらいたい。見れば見るほど面白いスポーツですし、もったいないなという思いが年々強くなってきて。 昨年は世界選手権(2019女子ハンドボール世界選手権大会)のアンバサダーもさせていただきましたし、(普及活動の)段階を踏んでる感じはしますけどね。 ――アンバサダーにはどういった経緯で就かれたのでしょうか? JOCの全国大会に行ったときに、全国の中学のハンドボール協会の方々とあいさつさせてもらって、協会の中でも「松中の息子がハンドボールやってるぞ」というのが少しずつ広がって。 長男が高校に入ってからは、僕も引退したので土日はなるべく仕事を入れずに息子の練習について行ってたんですけど、熊本はハンドボールが盛んで、そこに九州のチームが集まって合同練習や合宿をやるんです。 そのときに熊本県ハンドボール協会の理事長や会長にお会いして、名刺交換をさせていただいて。今年亡くなってしまわれたんですけども、そのときの会長(故島田俊郎さん)から「松中君、盛り上げてくれないか」というお話があったので、ぜひと。 ハンドボールは野球みたいにまだメジャーではないので、最初はPRをしようということで、北國銀行ハンドボール部“ハニービー”の選手2人と僕の3人で熊本の商店街を歩いたりとか、いろいろなイベントに出させていただきました。 それがきっかけですね。その後、アンバサダーをお願いしますということで、務めさせていただくことになりました。 ――松中さんが思うハンドボールの魅力というのはどんなところにあるのでしょうか? 選手同士が“当たる”コンタクトスポーツというのと、点取りゲームであるところですね。あと、一方に点が入ったと思ったら今度は相手にすぐ入るスピード感とか。 シュートも多彩で、ジャンプシュートやステップシュート、横から打ったり、いろいろあるんです。野球も投げるスポーツですけど、ああいうところは見ていて面白いなと思いました。 野球もそうですけど、“点を取る”っていうことがファンの人たちはうれしい。そういう意味では、ハンドボールはシュートをバンバン打ち合うので、見ている方は飽きないですよね。そういうところに僕は魅力を感じています。 ――そして、今年の7月末からは日本ハンドボールリーグのアンバサダーに就任されました。 日本ハンドボール協会の市原則之さんからお話をいただきました。去年の世界選手権中に市原さんとリーグの吉田實会長とお話をした際に、市原さんが吉田会長に「松中君にどんどんアンバサダーで協力してもらえばいいんじゃないですか?」というお話はされていて、そのときは本当かどうか分からなかったんですけど。 市原顧問から直接お電話をいただいて、「今度の理事会で提案したいんだけど」とおっしゃられたので、「よろこんでやらせてください」ということで、こういう形になりました。 <インタビュー後編>に続く。(ザテレビジョン)

【関連記事】