Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ピンは差したままでバンカーはならさない? PGAツアーが再開したら起きるかもしれないこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

新型コロナウイルスの感染拡大による影響が甚大なアメリカだが、PGAツアーは約1か月後にツアー再開予定。どのように安全を確保するのか、海外取材経験20年のゴルフエディター・大泉英子が状況をレポート。

“今のところ”6月に再開予定だが……

PGAツアーは今のところ、6月11日から始まるチャールズ・シュワブ・チャレンジをツアー再開1試合目としてセットアップし、同大会から4試合は無観客で行うと発表している。ただ、PGAツアーのジェイ・モナハン・コミッショナーも繰り返し述べているように、「PGAツアーのスケジュール再開は、ツアーやトーナメント開催地域の人々の安全と健康が最大の優先事項」であり、安全で責任を持って開催できるという確証がなければ、ツアーは再開しないとしているため、スケジュールはひとまず定めたものの、実際に実施できるかどうかはまだまだわからないのが現状だ。 先日、PGAツアーと米メディアとのテレビ会見が行われたが、そこでツアー側から語られた「安全と健康」に関する案件は以下の通りである。 【1】選手、キャディ、メディア、放送局などの関係者の健康と安全のため、トーナメント現場での検査が必要。大規模に検査が可能で、素早く結果が出る検査方法を厳密に調査中。唾液での検査にも注目しているが、ツアーが再開されるまでの時間でさらに調査方法を検討する。 【2】選手たちが自宅を出る前に何らかの検査を始める。そして開催コースまで移動するにあたり、できるだけ衛生的な移動手順を踏み、ゴルフ場での日々のルーティーン、オフィシャルホテル、食事時などでも安全で清潔な環境で検査は行われるだろう。 【3】チャールズ・シュワブ・チャレンジの開催が決定した場合、それに続く試合も地域、州、国の健康に関する規制に従い、我々(ツアー)の手順に問題を感じず、検査手順、現場での手順が自信の持てるレベルなら、大会を開催する。そうでなければ開催しない。 【4】ソーシャルディスタンスを守り、練習場から1番ティへ向かうまでの細々としたことや、スコアカード、バンカーレーキ、ピンフラッグなどへの対処など(清潔にする・消毒する)を明確にする。

【関連記事】