Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・ガンケル、初回に3点献上 いきなり劣勢の展開

配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト-阪神」(24日、神宮球場)  来日初先発となったガンケルが初回、3点を献上した。  わずか14球で1点を失った。無死満塁のピンチを招くなど2失点。前夜、ようやく連敗を止めた阪神だが、いきなりビハインドを背負った。  この回、先頭の坂口に中前打を浴びると、続く山田にはボール先行。四球で一、二塁とする。さらに青木には三遊間を破られ、いきなり満塁のピンチを背負った。  4番・村上の一ゴロの間に先制点を失うと、雄平の左犠飛で2点目を失う。さらに2死から山崎に三遊間を破られ、痛い3点目を失った。  10日の練習試合・広島戦で4回8失点と崩れたが、それでも17日の2軍練習試合・中日戦は5回1失点で、開幕ローテに滑り込んだ。ここまで不安定な投球が続き、矢野監督も同戦の試合後、「チャンスは1回いこうかな」とし、「1軍じゃレベルが上がるから。もうちょっと工夫も必要だと思うし、状態を上げてもらいたい」と注文を付けていた。  このまま状態が上向かなければ、来日初登板にして入れ替えの対象にもなりそうだ。

【関連記事】