Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「外国人6割 日本人4割」マスクせず密集して踊る 沖縄で数百人イベントの「油断」【動画あり】

配信

沖縄タイムス

 7月4日の米独立記念日にうるま市の公園で大規模イベントを開いた米国人の「アイアムシティ」氏が14日、本紙の取材に応じ、「油断だった。間違っていたという指摘は受け入れる」と釈明した。 この記事の他の写真・図を見る  米兵の新型コロナウイルス感染拡大の原因になった疑いは否定し、日米の保健当局からも連絡はないとした。参加者100人以上に連絡して体調を確認し、「信頼できる筋からイベントでの感染者はいないと聞いている」と説明した。  2014年に海兵隊を退役した同氏は県内在住で、イベント企画などを手掛ける。6月13日に中城村、7月4日にうるま市で屋外イベントを開いた。「日頃はクラブなど屋内が多いが、屋外の方が安全だと考えた」という。  7月のイベントで自身が撮った動画には、参加者がマスクをせず密集状態で踊る様子が映る。特定の1曲の間だけだったと強調しつつ、「現状では正しい行動ではない」とも述べた。  数百人以上が参加し、外国人が6割、日本人が4割ほどだったという。米本国から到着して間もない米兵がいたかどうかは「分からない。ただ、今は軍の異動シーズンだ」と語った。  会場となったうるま市の肝高公園の使用許可を得なかったことは「私の落ち度」と認め「もっといい開き方があった」と話した。

【関連記事】